スポーツ

ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード08=ネイルズの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第161回

マクマ ホン

特別読み物「ビンス無罪“ステロイド裁判”」エピソード全20話をシリーズでお届け しています。1994年7月にニューヨーク連邦裁判所でおこなわれた“ステロイド裁 判”の公判ドキュメンタリーを毎日更新(写真はWWEオフィシャルDVD「マクマ ホン」ジャケットより)

※全20話のシリーズとして“ザ・ステロイド裁判”をお届け。この裁判はいまから22年まえの1994年7月、ニューヨーク州ユニオンデールの連邦裁判所で公判がおこなわれた刑事裁判である

 リック・ルードのすぐあとに法廷に姿を現したのは“囚人”ネイルズことケビン・ワーコーズだった(1994年7月11日)。第2週めに入った集中審理では、まるで映画かTVドラマのようにプロレスファンならだれでも知っている元WWEスーパースターズが次から次へと検察サイドの証人として出廷した。

 ショーン・オシェー検事にとって、ワーコーズは「オレはビンス・マクマホンからステロイドの使用を強要された」とはっきりとコメントするであろうことが“計算”できる数少ない証人のひとりだった。

 ワーコーズは、ビンスとルードの“問題の会話”に自分も同席していたと主張し、ふたりの会話のだいたいの流れと要点をふり返った。

次のページ 
ワーコーズの振り返り

1
2
3




おすすめ記事