スポーツ

ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード06=ホーガンとザホリアン医師――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第159回

マクマ ホン

特別読み物「ビンス無罪“ステロイド裁判”」エピソード全20話をシリーズでお届け しています。1994年7月にニューヨーク連邦裁判所でおこなわれた“ステロイド裁 判”の公判ドキュメンタリーを毎日更新(写真はWWEオフィシャルDVD「マクマ ホン」ジャケットより)

※全20話のシリーズとして“ザ・ステロイド裁判”をお届け。この裁判はいまから22年まえの1994年7月、ニューヨーク州ユニオンデールの連邦裁判所で公判がおこなわれた刑事裁判である

 3週間にわたる公判=集中審理の第2週め(1994年7月11日~7月15日)もビンス・マクマホンとタイタン・スポーツ社の弁護人、ジェリー・マクデビット弁護士とローラ・ブレベッティ弁護士によるジョージ・ザホリアン医師(検察側の証人)への反対尋問からスタートした。

 検察サイドが描いた“ステロイド事件”のシナリオは、あくまでもビンス(とタイタン・スポーツ社)からハルク・ホーガンへのアナボリック・ステロイドの販売・流通とその共同謀議――“4・13事件”と“10・24事件”の2件――だった。

 ビンスがザホリアン医師からステロイドをオーダーし、ザホリアン医師はコネティカット州スタンフォードのタイタン・タワー(WWE本社ビル)に“商品”を発送。ステロイド入りの宅配便はタイタン・スポーツ社内で開封、再梱包されたあと同社スタッフによってホーガン本人に届けられた。これがショーン・オシェー検事が立件した“4・13事件”と“10・24事件”のあらすじということになる。

 検察サイドは証拠物件としてザホリアン医師がタイタン・スポーツ社宛に発送した1989年4月13日付、1989年10月24日付のフェデラル・エキスプレス社の宅配便の2枚のレシートのコピーを裁判所に提出した。

次のページ 
ザホリアン医師に、ホーガンとの関係をもういちど問いただす

1
2
3




おすすめ記事