エンタメ

きゃりーぱみゅぱみゅはイルミナティだった!?

今や、日本のポップアイコンとしてアメリカでのライブも成功させ、知名度が国内外で急上昇中のきゃりーぱみゅぱみゅ。

彼女の新曲『つけまつける』のPVも、youtubeでの再生回数はすでに240万回を超え、各国の人からのコメントが付く人気だ。(http://youtu.be/NLy4cvRx7Vc)

しかし、この新曲のコメント欄で気になる現象が起きている。

英語圏の人のコメントで「illuminati(イルミナティ)」という言葉が多数ポストされているのだ。

「イルミナティ」――これは、欧米の陰謀論で「フリーメーソン」と並んでよく登場する団体だ。

その成り立ちにはさまざまな説があり、悪魔崇拝の秘密結社であるとするところや、古代の神秘主義的な信仰であるグノーシス主義の流れを汲むという説、さらにはSPA!でお馴染みのベンジャミン・フルフォード氏のように「同じイルミナティと名乗る集団でも、さまざまな系譜の団体があり、その実体は決してひとつではない」とする説もある。

無数の説はさておき、なぜきゃりーぱみゅぱみゅの新曲がことさらイルミナティと言われるのか?

それは、このPVで使われている「目」のアートワークに原因がある。

というのも、欧米の陰謀論においては、イルミナティにしろ、フリーメーソンにしろ、この「目」をシンボルにしたマークが非常に多いのである。

この目は、「プロビデンスの目」と言われ、ピラミッド型のものの上に目玉がくる形をしたマークを指すのが代表的だ。アメリカ合衆国の国章の裏面やUSドル紙幣、さらにフランス人権宣言の版画にも描かれているため、陰謀論信者の間ではイルミナティやフリーメーソンが世界支配をしている証拠として捉えられている。(http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=116195)

プロビデンスの目

米ドル札に印刷された「プロビデンスの目」

日本語がわかれば、つけまつげのことを歌っているのだから、目がモチーフになるのも当たり前だとは思うのだが、奇抜なPVの雰囲気と相まって、欧米人の間では「すわ、イルミナティ」と話題になったのである。

ここで、思い出すのがこうした「イルミナティ?」と思えるような演出を多数入れたPVで知られるアーティストの存在。

そう、かのレディー・ガガである。

前出のベンジャミン・フルフォード氏の近著『図解「世界闇の支配者」頂上決戦』でも指摘されているが、レディ・ガガの演出はきゃりーぱみゅぱみゅ以上にイルミナティらしき要素をふんだんに取り入れている

『Poker Face』などヒット曲の歌詞を逆再生すると悪魔のメッセージが浮かび上がる……という説もあるが、実は同様の説はきゃりーぱみゅぱみゅの1stシングル『PONPONPON』にもあるようだ。(http://youtu.be/GyT4iHlJrHU)
http://youtu.be/GyT4iHlJrHU
日本版「レディー・ガガ」と言われて、欧米でも人気が上昇中のきゃりーぱみゅぱみゅ。
彼女に纏わる、この「イルミナティ」説は、ポストレディ・ガガとしての計算された演出なのか。それとも……

取材・文/Edward Takaya(本誌特約)

図解「闇の支配者」頂上決戦

東日本大震災、注目人物総覧など最新情報が満載


つけまつける (初回限定盤 フォトブック仕様パッケージ)

うわさのきゃりーぱみゅぱみゅ、1st シングル




おすすめ記事