スポーツ

ヒットマンの苦悩と王座転落“人事”――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第175回

サバイバー・シリーズ 94

サバイバー・シリーズのメインイベントは、ブレット・ハート対ボブ・バックランド のWWE世界戦。まさかの王座移動シーンが…!(写真は「サバイバー・シリーズ 94」PPV、ケーブルTV用パブリシティ写真より)

 ビンス・マクマホンにとってチャンピオンベルトをめぐる長編ドラマは“人事”である。

 “ヒットマン”ブレット・ハートがやや唐突にボブ・バックランドに敗れ、WWE世界ヘビー級王座を失った(1994年11月23日=テキサス州サンアントニオ、フリーマン・コロシアム)。

 王座移動シーンの舞台は“サバイバー・シリーズ94”。タイトルマッチには“サブミッション・ルール”(セコンドのタオル投入によってのみ勝敗が決せられる)という特別ルールが設けられていた。

 この試合はブレット対バックランドのサブミッション=関節技の闘いというよりはブレットと実弟オーエン・ハートの“近親憎悪ドラマ”の応用編で、ブレットには父スチュー・ハートと母ヘレンさん、チャレンジャーのバックランドにはオーエンがそれぞれセコンドについた。

次のページ 
サブミッションの攻防=セコンドによるタオル投入は…

1
2
3


ハッシュタグ




おすすめ記事