雑学

ボートレーサー・坂咲友理と大阪で女子会【前編】――SPA!ボートレース女子部2016vol.12

ボートレーサーに会いたい! そんなボレ女の願いを叶えるためにお呼びしたのは、キュートな笑顔と大胆なレースで人気の坂咲友理選手。レーサー志望の小林真希と地元関西が大好きな篠原麻実と女子会を開いた。

テレボートのマスコット、クマホンと一緒に女子会がスタート!


左よりボレ女・篠原麻実、坂咲友理選手、ボレ女・小林真希

小林:私はレーサーを目指して、来年受験も考えているんですが、合格するためにコレが大事!っていうことがあれば、ぜひ教えてください。

坂:う~ん、ひたすらジムに通って体力はつけたけど、それ以外はあったかなぁ~。

篠原:そういえば坂選手は、6回も受験されてるんですよね?

坂:そうそう(苦笑)。私、6回受験してようやく合格したんだけど、本当になんで私が合格できたの?って今でも思ってるからなぁ(笑)。本当なら動体視力や握力を鍛えたほうがいいとか、具体的なことを言ってあげたいんだけど、私自身が何で合格したか謎だから(笑)。でも、小林さんは体格も小さいから、レーサー向きだと思うよ。

小林:でも、体格だけじゃ……。何かしなきゃと思うけど、何をしていいかわからなくて。

篠原:真希ちゃん頭イイし、フルマラソン走ったりするくらいだから、大丈夫じゃない?

坂:え~、フルマラソン! それはすごい! 私は勉強が嫌いだったから、筆記の勉強もあんまりしなかったけど合格できたんだから大丈夫。ところで、小林さんはどうしてボートレーサーを目指すようになったの?

小林:私はレースをテレビで見て、カッコイイ!って思ったのがきっかけですね。学校帰りに自転車で住之江に寄って、一人でレース観てから帰ってます。

坂:す、す、すごい! 一人で観ちゃうんだ。

小林:最近は友達も誘って、ファンの数増やしてます。

小林の新たな目標はレーサーになって坂選手に弟子入り!?

ボレ女・小林が坂咲友理に弟子入り!?


坂:私は親がボートレースにハマってた影響でレーサーを目指すようになったんだよね。でも、やまと(※ボートレーサー養成所。やまと学校のこと)は本当に厳しかったなぁ~。モーターやボートを班ごとに分かれて担いで、これが本当に重たいの。そのまま担いでレース場の外を一周するんだよ。もう、終わったら全身アザだらけ(苦笑)。あれは本当にキツかった。思い出したくないな。

小林:でも、その苦労が報われてレーサーになれたわけですよね。

坂:うん。レーサーになって本当によかったと今は思ってるよ。大阪支部の人たちはみんな楽しいし。私、お酒飲めないけど、みんな酔っ払うと本当に面白い。それ見てるだけでも楽しくなっちゃうから。

篠原:じゃあ、真希ちゃんもレーサーになって坂選手の弟子にならなきゃね。

小林:ぜひお願いします!

坂:いやいやいや(笑)。私なんてまだまだ。ヤメたほうがいいって!

女子力高め!?なボートトークで盛り上がる

★次回では坂咲友理選手の女子力に篠原が迫ります。乞うご期待!

【坂 咲友理】
奈良県出身、’89年生まれ。登録番号4534。大阪支部所属。キュートな笑顔に加え、コスを問わない大胆なレースで人気を集める女子レーサー

<ボレ女たちの最新情報は公式ブログ&Twitterでチェック!>
日刊SPA!内の公式ブログでは、旅打ち日記やイベント出演情報、舟券テクを紹介しているぞ。気になるボレ女はTwitterでフォロー! 素顔のボレ女に出会えるはずだ! ⇒https://nikkan-spa.jp/borejyo

撮影/赤松洋太





おすすめ記事