エンタメ

母親が応援!? 「親公認AV女優」のリアル

母親が応援? 男性誌には載らない「親公認AV女優」のリアル AV女優を題材にした、これまでにない意欲作が刊行された。題して、「うちの娘はAV女優です」(幻冬舎)。著者はAVメーカー広報を経てAVライターに転じたアケミン氏。作中には、“親公認”のAV女優10名が登場し、それぞれの物語はアケミン氏の寄り添うような視線で綴られている。十人十色の人生模様は、どこまでもリアルだ。

 これまで語られることのなかったAV女優の親子関係を、直に取材・執筆して向き合ってきた彼女は何を思うのか――アケミン氏に聞いた。

* * *

――まず、本書を執筆するきっかけからお聞かせください。いつ頃から、「親公認」のAV女優の存在に気づき始めたのでしょうか。

アケミン:ここ3年くらいでしょうか。何気ない会話の中で「親がこの仕事を知っています」「応援してくれています」という女優さんの話を聞く機会が増えてきたんです。私自身、AV業界で仕事をしていることを両親も知っていますが、いい顔をされない時期があった。この業界で働いているとマンションの審査も通りづらいし、裏方の私でさえなにかと「社会の壁」を感じることがあったのに、なぜ彼女たちは人生のハードルが上がる選択をわざわざしたのか? 同業者として、同性としてその話を聞いてみたい、そもそものきっかけはそんな単純な好奇心です。

 ただ、この手の話はエロくないので、通常の男性誌のインタビューではカットする部分。このテーマを書ける場所を探していた際に色々とご縁があり、幻冬舎plusさんで連載することになりました。

次のページ 
赤裸々に語ってくれた理由とは

1
2
3
4
うちの娘はAV女優です

「裸を売る仕事」をめぐる親子関係、価値観の変容を浮き彫りにする衝撃作!!




おすすめ記事