雑学

最新の人工乳房は「本物のおっぱい」にどこまで近づいているの?

 視覚・映像技術の進歩はますます目覚ましく、VRは今や映画、ゲーム、医療、果てはアダルトな分野にまで進出してきている。しかし、視覚だけでなく実際に触れる“触感”もわれわれにとっては重要。今回、おっぱいをテーマに有識者に徹底取材を敢行して、科学的な観点から触感再現に必要な条件をあぶり出してみた。理想のおっぱいを再現するには一体なにが重要なのか、女性の立場からおっぱいを再現するプロにもお話を伺った。

「最新の人工乳房」ってどこまでリアルに近づいているの?

最新の人工乳房ってどこまでリアルに近づいているの?


 病気や事故で乳房を失った女性のために、オーダーメイドで人工乳房を作るメーカーもある。その一つであるハロートゥモロージャパンの新野まりあ氏は、30年前に自身も乳がんで右乳房を摘出。人工人体を学ぶため渡英し、当時世界でも確立されていなかったシリコンゴム製の人工乳房を、ほぼ独学で開発。現在に至るまで人工乳房の開発と研究を続けている。

「少しずつ色の違うシリコンを何層にも分けて型に流すことで、リアルな色みを再現します。皮膚の下に透けている血管も表現できますよ。激しい運動や水中でもズレないゲル状のシリコン膜による装着技術や、お風呂で温まるとほんのり赤く染まる技術は世界初のもので、特許も取得しています」

人工人体

ハロートゥモロージャパンでは、依頼があれば乳房だけでなく、指や耳、手足、ペニスなどの造型も手掛ける

 加工のしやすさや耐久性から、現状ではまだシリコンが最良の素材だとか。機械を使わず、人の手で色みや質感を精細に調整するこだわりも当初から変わっていない。

「乳房を失った女性が、人工乳房によって再び温泉に入ったりSEXができるようになり、女性としての自信を取り戻していくのをたくさん見てきました。だから私たちは、何よりも見た目を忠実に再現することにこだわるんです」

 男性の欲望をかなえる目的とは別の場所で、おっぱいの再現は女性に生きがいを提供しているのだ。

― おっぱいを科学的に再現してみた ―




おすすめ記事