R-30

残業できないシングルファーザーは会社に評価されない!? 年収も半減に

働き盛りの30~40代。賃金カーブも右肩上がりの時期に伸び悩み、年収300万円に甘んじてしまう“稼げない病”に罹る人が増えているという。マジメに働いているにもかかわらず、なぜ低年収に陥ってしまうのか。貧困とは違うニュープア層の実態に迫る!

●筒井淳一郎さん(仮名・37歳)の場合
年収340万円/独身 子供1人
大学卒業後、イベント会社に就職。コンサートや新商品のプロモーションなど数々のイベントを手掛けていたが、離婚後に育児専念を理由に内勤の総務部へと異動した

育児降格

離婚した妻が親権を放棄。育児を優先させるため年収半減の部署に異動!


 “働きたくても働けない”要因の一つとなる育児。育児を理由に「出世の道が絶たれてしまった」と嘆くのは、イベント会社勤務でシングルファーザーの筒井淳一郎さんだ。

「2年前、妻の不倫が原因で離婚しました。彼女は当時3歳の子供の親権を放棄。両親を頼ろうにもウチは病気がちの父親しかおらず、子供を育てられるのは私しかいなかった。当時、課長に相当するマネジャー昇進が内定していたんですが、残業時間が増えるのは目に見えていたので、辞退せざるを得ませんでしたね」

 上司からは辞退を思いとどまるように何度も説得された。しかし「仕事を取れば子供と離れて暮らすことになる」と息子との生活を選択。社内では花形部署のイベント制作部を離れ、内勤のみで残業もほんどない総務部に異動した。

「イベント制作部は残業も休日出勤も多かったですが、ウチの会社は超過勤務分をちゃんと払ってくれる会社でした。ただ、逆をいえば、残業しなければ評価されない会社。ボーナス査定もそれまでのトップ級の評価から新人OL並みの評価に下がり、異動初年度の年収はおよそ半額の320万円。それから2年たって多少は増えましたが、それでも年収は340万円です」

次のページ 
子供との時間は確保できたが、貯金額が…

1
2




おすすめ記事