恋愛・結婚

業界最大規模のアワード「AVオープン2017」の会場で「AVの未来」を見た気がした【カリスマ男の娘・大島薫】

見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

 日本国内でAVの大きな祭典は2つある。

鮮やかに彩られた会場の様子

 1つはJapan Adult Expo(JAE)というAVファン感謝祭イベントで、もう1つがAV業界内の作品に賞を付与するコンテスト形式の祭典AVオープンだ。そのAVオープンが「AVオープン2017」と題されて、今年も開催される。

 7月12日行われたAVオープン2017開会式に、取材でお邪魔することができた。毎年7月に開会式が行われ、およそ4か月後の11月中に結果発表が伝えられる。この期間中にDVD、配信、レンタルの3つの売上合計金額が最も高かった作品がグランプリに選ばれるというわけだ。

 今年で6回目を迎えるAVオープンは、ボクが現役のAV女優だったころにも開催されている。しかし、JAEのほうは参加したことがあったのだが、AVオープンはタイミングが合わず呼ばれることはなかった。まさか引退後訪れることになるとは思いもよらなかった。

司会のいけだてつやさんと、三上悠亜さん

 17時ごろ開場し、続々と関係者らが着席する。各部門別にノミネートされている女優やメーカーの中に、見知った顔も何人かいた。ボクがAV業界を離れてからも、当然のことながらAV業界は続いてきた。取材以外では業界関係者のみの空間。この空気感に触れて、やっとボクの中にも業界の雰囲気が思い出されてきた。

 会場は昨年大ヒットしたアニメ映画の主題歌が流れ、スクリーン上にはAVオープンのイメージ映像の終わりに、テロップで「この秋、日本中が自慰をした」と表示される。なんというか、こういうノリ。

 18時から開会式本編が始まり、司会のいけだてつやさんと、三上悠亜さんの進行で式は進む。各部門の代表者であるメーカーや女優が壇上に上がり、冗談なのか本気なのかわからない決意表明のスピーチをする。会場からは笑いと、煽りが飛ぶ。ああ、この冗談なのか本気なのかわからない、という感じがまさにAV業界だったなぁと感じた。

 ボクがAV業界を離れて久しい。もうすでに、AV女優をやっていた期間より、引退して作家業やタレント業をやっている期間のほうが長い。現役でその業界にどっぷりと浸かっている際には、近すぎて見えないものがたくさんあったなと思う。AVプロダクションの思惑や、AVメーカーの戦略、世間一般から見たAV業界という場所の印象。そういったものは離れてからこそ見えるものだ。

 昨今のオリンピックに向けての規制強化、AV強要問題、見ようによってはAV低迷の時代、いまこのときにAVに関する大きなコンテストを開催する意味とはなんだろうか。今後数回に渡ってAVオープンの記事を書く予定だが、まずはそれをAV女優たち本人から聞いてみることにしよう。

■今年のAVオープンの「顔」にインタビュー

イメージガールの3人。右から橋本ありなさん、白石茉莉奈さん、高橋しょう子さん

 AVオープンは2014年に主催を知的財産振興協会(IPPA)へと変えてから、毎年イメージガールを起用することとなっている。過去のイメージガールは紗倉まなさんや、つぼみさん、三上悠亜さんなど、その年々でAV業界の顔となったであろう女優たちが抜擢されている。

 そして、2017年のイメージガールは「橋本ありな」、「白石茉莉奈」、「高橋しょう子」の3人だ。今回、開会式前の忙しいお三方に取材をさせていただく時間を得られた。

 橋本ありなさん、高橋しょう子さんはボクが現役を退いてからデビューされているお2人だが、白石茉莉奈さんとはJAEで同じ舞台に立っている。すでにデビューされて4年以上が経過しているが、いまだに現役でトップを走り続けているのはすごい。

 まずは、そんな白石さんに3年越しのイメージガールへの抜擢はどのような心境か尋ねてみた。

「正直なところ、SODstarという私が所属するレーベルの女優さんが毎年イメージガールに選ばれていたので期待はありましたけど(笑)、そんなことより今年ノミネートする作品の中に私の作品があるのかな? ないのかな? という想いのほうが強かったですね」

 なるほど。象徴的な存在として扱われるよりも、イチ演者としての意識のほうが強いというのは、これこそ現役だと思わせる。

 一転、昨年デビューしたばかりの橋本ありなさんと、高橋しょう子さんはどうだろうか。AV業界に入ってきたばかりの彼女らからすると、AVオープンのイメージがピンと来てないのではないだろうか。高橋しょう子さんはこう答える。

「デビューして、去年はMOODYZさんから作品を出していただいたんですが、その作品が昨年のAVオープンで7冠を受賞したんです。だから、私の中ではやりきったというか、燃え尽きたので……。今年はイメージガールという立場だし、去年の自分の不安だった気持ちやがんばっていた気持ちを思い出して、今年ノミネートされている女優さんや監督さんをサポートしていきたいです」

 このコメントに白石さんは「去年の”たかしょー”はすごかったもんねー!」と相づちを入れる。取材に同行した編集部の人間も、もちろんボクも素直に頷いた。もはや去年の高橋しょう子さんの話題はAV業界だけにとどまらなかった。

 最後はAVデビューからこれが初のAVオープンだという橋本ありなさん。

「私はお2人と違って、AVオープン自体初参加で、去年は『AVオープン? ふーん、そんなのがあるんだー』くらいの感じで(笑)、そんな私がイメージガールに就任できることは光栄です。ですから、今回はイメージガールとして、しっかり作品を応援できるようにがんばります♪」

 見た目もコメントも「フレッシュな」という言葉が似合いそうな女優さんだ。

 さて、では、イメージガールを務める彼女らが、現在押し寄せてきている荒波とも言うべきAV業界の現状を、どのように捉えているのか、踏み込んで聞いてみたいと思う。

■人気女優たちの言葉から見える「未来」とは?

 オリンピックに向けての取り締まり強化を予想して、昨今AVにおける倫理委員会の基準も大きく変わりつつある。変わった点でいえば、例えば「野外に見えるような場所での性器を露出したパッケージ撮影の禁止」や、「モザイクは性器の動きがわからない濃さにする」など、いままでAV業界で当たり前のように許されていたことができなくなった。

 このままいくと、「AVの本番行為はすべて疑似になる」といったことや、「ロリータ物はすべて禁止になる」などの規制も導入されるのではないかと噂されている。見ようによってはAVがなくなってしまいかねない状況だが、それについて白石茉莉奈さんはこう答える。

「去年1年は本当に苦しかったというか、こうゆう作品を撮りますって決まっている現場をすべてバラしたりとか、いままではよしとされていたものも避けたり、メーカーも守りに入って『発売できることを優先する』というような状態でしたね」

 昔はモザイクなんかも薄かったですけどね。

「そうですね。でも、規制が厳しくなるということは、そういうことをキチンとしていないメーカーさんは取り締まられるということで、よりクリーンなところしか残らないという意味では業界含めて、今後いい方向に転べばいいなって気持ちではありますね」

 なるほど、これは現役女優ならではの視点だと思わされた。AV強要問題などのニュースが頻繁に取り上げられるが、女優たちは小さな強要にはいつも悩まされている。「こういう撮影はやりたくない」と言っている内容の撮影を勝手に組まされたり、少しイヤな行為も「~秒我慢するだけだから」とゴネられたり。

 そういったグレーゾーンやなあなあで済まされて来たことが、しっかりと線引きされて、安全なメーカーだけが残るというのは、ある意味では女優として喜ばしい部分でもある。

 しかし、そうなると、売れ行きが下がったり、出演できるメーカーが限られてきてしまうという事態も起こりかねない。

 ボクが感じたそんな疑問が、「皆さんはどのようにAV業界を盛り上げていきたいですか?」という質問に答えてくださった、高橋しょう子さんの言葉で解消された。

「去年、デビューしたときに、ファンの人や芸能界の方とかも『AVを何年、何十年と買ってなかったけど、たかしょーのAVは買ったよ!』って言ってくださる方が多かったんですよ」

 たしかに。ボクも高橋しょう子さんがAVデビューされたときに、普段AVを買わない人まで高橋しょう子さんのAVを買っている感じは受けた。

「本当に一般の人もAVを好きになってくれるきっかけを作れたのが去年の作品なので、そういう意味では私もAV業界を盛り上げられたのかなと思います」

 過激な作品やグレーゾーンの作品が出せなくなることによって、AVメーカーは企画や演出のみで売れるAVを作らざるを得なくなる。それを「キチンとしたメーカーさんだけが残る」と表現した白石さんだったが、この高橋しょう子さんのコメントで、同時に”女優もそうである”ということに気付かされた。規制が強まることで、ホンモノのメーカーと、ホンモノの女優のみが残っていくという見方だ。

 デビューして間もないコにこんなディープな話を振るのはかわいそうかとも思ったが、橋本ありなさんにも「そんな厳しい状況でどのように表現していくか考えなければいけないことにプレッシャーは感じませんか?」と聞いてみた。

「いやー、全然(笑)。規制が厳しくなったあとにデビューしたので、プレッシャーとかそういうのは感じないです。求められたことに対応するしかないので、それしかできないです」

インタビューの様子

 あっけらかんとキャラクター通りに答えた橋本ありなさんの言葉だったが、なぜかボクはそのときAV業界の未来を少し垣間見た気がした。彼女の言う通り、いまデビューしたコにとっては、規制が緩かった時代など関係なく、厳しくなった”今”しか彼女らには存在しないのだ。

 いつか白石さんの言うように、正当な方法で撮影を行うメーカー、強要なく女優を派遣できるプロダクション、ホンモノの資質を持った女優以外が淘汰されたAV業界で、それを当たり前だと思って女の子たちが女優デビューできる時代がやってくるのではないか。そんな兆し。

 いつ消えるともしれないアンダーグラウンドでしかなかったAV業界が、映画やドラマと同じように、当たり前に存在していていい業界にするには、昨今降りかかるこの荒波は一種の過渡期とも捉えることができるかもしれない。

 パロディは本物があって初めて成立する。AV業界がこれから本物になっていったそのとき、AVオープンで流れる曲は何かのヒット作の主題歌ではなくなっていることだろう。引き続き、そんなAVオープン2017に注目していこう。

●AV オープン2017の詳細はこちら
●PCの方はこちら

【大島薫】
作家。文筆家。ゲイビデオモデルを経て、一般アダルトビデオ作品にも出演。2016年に引退した後には執筆活動のほか、映画、テレビ、ネットメディアに多数出演する。著書に『大島薫先生が教えるセックスよりも気持ちイイこと』(マイウェイ出版)。大島薫オフィシャルブログ(http://www.diamondblog.jp/official/kaoru_oshima/)。ツイッターアカウントは@Oshima_Kaoru

提供/AVOPEN事務局

 
ハッシュタグ




おすすめ記事