エンタメ

クリープハイプ・尾崎世界観×漫画家・鳥飼茜の真面目な“風俗談義”

 週刊SPA!連載の『ロマンス暴風域』第1巻、『先生の白い嘘』最終8巻、初の活字本『鳥飼茜の地獄でガールズトーク』の3冊が10月23日に同時発売された鳥飼茜。彼女が大ファンだと語るのが、クリープハイプの尾崎世界観だ。ライブ招待を通じて面識がある二人だが、実は鳥飼にはとある“負い目”があり、対談はぎこちなくスタートの予感……?

鳥飼 茜・漫画家(左)、尾崎世界観・アーティスト(右)

鳥飼 茜・漫画家(左)、尾崎世界観・アーティスト(右)

尾崎:いきなり余談からで恐縮ですが、鳥飼さんってしょっちゅう僕を街で目撃していますよね(笑)。

鳥飼:あ、そうなんです。普通に歩いてるだけなのになぜか見つけちゃうんですよ。そのせいで今日の対談も、断られるんじゃないかと……。

尾崎:えっ、何でですか?

鳥飼:「今いましたよね?」って何回もメール送るし、返信ないのに私はまた送るし……。送るのをやめられない自分が怖い。会ってくれたのも、一回オフィシャルの場で会っておかないとストーキング行為がやまないと思ったんですよね?(笑)

尾崎:いやいや、「いましたよね?」と言われて「いました」とわざわざ答えるのバカみたいじゃないですか(笑)。そういうときはむしろ鳥飼さんのほうで「アナタはそこにいました!」とか断定してほしいです(笑)。

鳥飼:なるほど……了解です(笑)。

――そもそも鳥飼さんがクリープハイプのファンになったきっかけは?

鳥飼:音楽好きなアシスタントにすすめられてどハマりしまして。『~白い嘘』の2巻、3巻あたりを描いていた頃はずっとクリープハイプ聴きながらネーム切ってました。

尾崎:ありがとうございます。ちなみにアシさんは何人いるんですか?

鳥飼:4~5人のメンバーが3人ずつ入る感じです。私、気を使えないから3人以上いないと会話が詰まっちゃうんですよ。それに男のアシが相手だと「なんで男ってこうなの!?」って質問攻めにしてげっそりさせちゃったり。後日、そのコからは「もう無理です」って言われました(笑)。

尾崎:「もう無理」って(笑)。むしろ見学に行ってみたいですね。

――尾崎さんは鳥飼さんの作品を読まれてどういう印象を受けました?

尾崎:小学校とかで、女子のグループになぜか入っている男子っていたじゃないですか。その男子になった気分になります。女の中に入っていく、そんな感じがすごくする。だからげっそりするというのもわかります。いい意味で。

鳥飼:「いい意味で」。優しい(笑)。

尾崎:男が描く性的にどぎつい内容は大丈夫なのに、こんなふうに女の人に描かれるとかえってえぐられるというか。すごく面白いです。

次のページ 
「男にとって逃げ道になる」

1
2
3




おすすめ記事