雑学

孤独死したバツイチ40代男の最期 横には娘からの手紙が「パパおたんじょうびおめでとう」

うつにも似た症状で無気力になり、社会生活を放棄してしまう自虐うつ。あえて不健康や不摂生な生活を送ってしまい、最後には汚部屋から孤独死へと突き進むという。これまでの経歴や人間関係など生きてきた証しまで傷つけ、なぜ自暴自棄になってしまうのか。そんな誰もが簡単に陥ってしまいがちな心の闇に迫る!

娘からの誕生日メッセージの横で迎えた孤独死!


汚部屋

※写真はイメージです

「パパおたんじょうびおめでとう」――。字を覚えたばかりの子供が書いたたどたどしいメッセージ。足の踏み場もないほど生活ゴミが累積したアパートの小部屋の中、この紙切れは幼い少女の写真とともに、壁に飾られていた。

 部屋の主は、40代半ばの元タクシー運転手のA。離婚後、元妻のもとで暮らす2人の娘とは交流を続けていたようで、送られた手紙には「タくしー パパどうですか」と、父親の仕事を気遣うような文面もあった。しかし、そんな父親を思う娘の気持ちも虚しく、Aはこの部屋で大量のゴミに囲まれ孤独死してしまう……。

 現場の清掃業務を担当したあんしんネットの特殊清掃人・石見良教氏は振り返る。

「死亡時にはタクシー運転手を辞めてかなりたっていたようで、生活も荒んでいました。部屋からはコンビニ弁当やカップ麺の容器、発泡酒の空き缶など数トン分のゴミが搬出されました。一方で、台所がお湯を沸かす以外で使用されていた形跡はなく、栄養状態は劣悪だったと思われます。死因は糖尿病の合併症。部屋には服用されていない糖尿病の薬も散らばっていて、治療をまともに受けていないようでした。まさにセルフネグレクトの末路と言えます」

 ゴミに囲まれる不衛生な環境で、命に関わる病気の治療を放棄して飲酒を続けるのだから、もはや自虐行為でしかない。遺体を発見したのは、生活保護を受けていたA宅を定期巡回で訪れた自治体のケースワーカー。死後2週間ほどたっていた遺体は腐乱し、異臭を放っていた。そして、家財道具など現場に残されていた数少ない形見の品は、元妻を含めて誰も引き取らなかったため、処分したという。

― 死を招く[自虐うつ]の正体 ―





おすすめ記事