マネー

バイトなんてバカバカしい…仮想通貨で1000万円稼いだ若者を襲った悲劇のお話

 ビットコインの価格が1年間で約20倍になった’17年。投資初心者にまで「億り人」が続出するなか、ここにも一人、ドリームを摑み……かけた男がいた。働くとは何か、生きるとは何か、そして、お金、人生とは……? 逆境に陥った若者が、暗闇の中を手探りでもがき続ける人生譚「お金0.0」始動。

仮想通貨で1000万円稼いだ若者を襲った悲劇のお話 第1回 役者志望の若者・出野達也(23歳)

 僕は、売れない役者だ。

 生活は、母親の仕送りとアルバイトで食いつないでいる。

 食事は安く済ませ、寒空の下でエキストラの仕事をこなし、役者仕事のないときには、

 歌舞伎町のスナックっぽい居酒屋で、夜中までお酒や料理をつくっている。

 そんな毎日に追われていた僕は、逃げるような気持ちで仮想通貨取引を始めた。

 はじめは軽い気持ちで、それでも僕は自分の運を信じ、全財産7万円を取引所につぎ込んだ。

 買ったのは当時50円だったモナコイン。

 1週間後……

 僕「あれ? 残高がなんかおかしいぞ。いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、・・・じゅうまん!?」

 僕のモナコインは、一気に6倍まで暴騰した。

 すぐに引き出した現金は42万円。僕の7万円は持ち歩いたことのない札束になった。

 焼肉、寿司、日本酒と堪能したがお金は使い切れない。


 僕は、自分の世界が変わったことを確信した。


 移動は徒歩からタクシーへ。

 食事は自炊から外食に変わり、一食3000円使った。


 僕「仮想通貨すげえな、これじゃあバイトなんてバカバカしいじゃんw」

 だが、それまでの豪遊で42万円はあとわずか。

 僕「お金がないなら借りればいい」

 すぐに母から100万円、弟から50万円、叔母から100万円、親友から50万円、

 合計300万をかき集め、取引所に全ての資産を転送し複数の仮想通貨に突っ込んだ。

次のページ 
2か月後……僕の資産は1000万円を超えた

1
2





おすすめ記事