マネー

バイトなんてバカバカしい…仮想通貨で1000万円稼いだ若者を襲った悲劇のお話



 2か月後……

 僕の資産は1000万円を超えた。

 iPhone XもApple WatchもAirPodsもぜんぶ買った。

 毎日豪遊してもお金に困らなくなった。

 所属する芸能事務所の新年会で、

 僕「仮想通貨やってます。僕、結構詳しいです。興味があればなんでも聞いてください」

 先輩女優たちの僕を見る眼が違う……。

 新人である僕に近づき、僕のマシンガントークに聞き入ってくれる。今までの人生でこんな瞬間は記憶にない。


 最高だ。最高だ。最高だ。


 そのあとはもちろん二次会に行き、朝までカラオケ。

 みんなで歌い続けて、始発の時間になり解散。僕は高揚したまま一人で渋谷駅に向かった。

 火照った頬を撫でる冬の風も、高くそびえるビルの灯も、すべてが僕の人生を祝福してくれる。

 ココでいま信号待ちをしている人の中で、僕は一番の金持ちだ。

 あしたも、そのまたつぎの日も、ずっと続いて行く幸せだ。みんな仮想通貨やればいいのに。僕が教えてあげるのに。


 信号が青に変わり、右足から歩き始めたスクランブル交差点でiPhoneXに新着メールが届く。


 『Zaif通知: Zaifへログインしました』


 僕「あれ?? 俺ログインしたっけ?」

 Zaifのアカウントにログインして確認すると口座残高は7,000,000JPY(日本円)

 僕「あれ? 日本円は全部仮想通貨にしてたよな?何で700万もあるんだろ?」

 朝まで飲んでいた僕の脳は状況を理解できず、ゆっくりと歩きながら画面を見つめていた。


 ?

 ブラウザを更新……



 残高         0  JPY



 2018年1月9日5時9分

 渋谷スクランブル交差点の真ん中で、僕は全てを失った。


 つづく(※来週更新予定)

(いでの・たつや) 1994年、兵庫県生まれ。元かけだし俳優、高校卒業と同時に上京。文学座附属演劇研究所卒業後、エキストラ出演やアルバイト勤務を華麗にこなし、たまたま仮想通貨で得た大金を秒速で盗まれる。Twitterアカウント(@tatsuya_ideno
1
2





おすすめ記事