エンタメ

けやき坂46が初舞台に挑戦! 90分間ノンストップで魅せる渾身のステージ

 4月20日、アイドルグループ・けやき坂46が総出演する初舞台「あゆみ」が渋谷のAiiA 2.5 Theater Tokyoで初日を迎えた。この日は公演前に公開ゲネプロが行われ、終了後の囲み取材ではメンバーそれぞれが本公演への意気込みを語った。彼女たちが挑戦する今作「あゆみ」は、2010年に「わが星」で岸田國士戯曲賞を受賞した柴幸男の代表作。“あゆみ”という一人の女性の一生を描いた物語だ。今回、10人のメンバーが「ハーモニカ」と「カスタネット」の2チームに分かれて場面転換なしの“90分間ノンストップ”で、主人公・あゆみを中心に、さまざまなな役を繋ぎながら演じていく。

けやき坂46 けやき坂46メンバーの演技が見られる場は、昨年のテレビ東京系で放送したドラマ「Re:Mind」に続いて2度目。初めて舞台の話を聞かされたときの心境について潮紗理奈は、「正直とても驚いて口がぽかーんとして、言葉が出なかったです。でも昨年、みんなでドラマをやらせていただいて、そのなかで演技の楽しさを学ばせていただいたりしていたので。こうやってお芝居がまたできるんだなと思って、嬉しかったしワクワクしました」と話した。

 最初は恐怖と不安だけだったという加藤史帆も、「本格的な稽古が始まると演出家の(赤澤)ムックさんはじめ、スタッフさんが丁寧に指導してくださって。20人で支え合って稽古期間を過ごせたので仲も深まりました!」と笑顔をみせた。約1か月に及んだ厳しい稽古だったそうだが、高本彩花は「毎日海を眺めてから行っていたので、心が洗われていました」と独自のリラックス方法も明かしていた。

 また、今回は一人二役以上という年齢も性別も違う配役や膨大な量のセリフにも苦労した部分があったという。6役を演じる齊藤京子は「実際の私は少女なので、そんなに変えられないから難しかったです(笑)。お母さんから子供など、いきなり年齢も落ちたりするから切り替えが大変で。今でも慣れていないんですけど、お母さんをやるときは『あら』を『あら~』に伸ばしたりしてますね」と演じ分けのコツを語った。

 松田好花も「ステージをぐるぐる回りながら役が入れ替わったりするので。自分がどこに立って、どこに移動して、どこのセリフなのか。細かい立ち振る舞いまで考えないといけなかったところが結構苦労しました」とも話した。また人間だけではなく犬という難役に挑戦した松田は、動画を見てかなり研究したそうで「『自分は犬だ』と思いながら楽しんでやってます」と話す。

 身長166㎝で同じ犬役の佐々木久美は「(157㎝の)好花ちゃんは小型犬だけど、私は大型犬に見えるって言われて……。物語では同じ犬だから共通にするのが難しい」と笑いながら、違う大変さを語っていた。

けやき坂46

犬を演じた松田好花

 そんな演じ分けの難しさに加えて、今回彼女たちが立つステージはほぼ装飾のない、真っ白でシンプルなステージになっている。着慣れている煌びやかなアイドル衣装ではなく衣装も真っ白だ。下手な誤魔化しがきかない。一人一人の表情や立ち振る舞いが重要となる環境で、メンバーたちは身一つで飛び込んでいくという演出だ。ゲネプロでは、アイドルの舞台とは思えないほどの緊張感に包まれていた。先に行われた「ハーモニカ」の公演では、稽古とは違う初演の雰囲気に少し表情の硬かったメンバーもいたが、物語が進んでいくと、感情が高まった渡邉美穂が涙を流すシーンもあった。

 このときの心境について渡邉は「最後に『ごめんなさい』って、たくさん謝るシーンで本当に申し訳ない気持ちが溢れて涙が出てしまったんです。今日初めてだったんです、涙が出たのが。それくらい役にのめり込めたなって感じられた」と、振り返った。

 また、後日行われた「カスタネット」の公演は、普段のグループでは大人しい印象の河田陽菜や盛り上げ役の富田鈴花などが舞台上では思わぬギャップで存在感をみせる。また、役によっての動作や舞台上での声量を課題に挙げていた佐々木美鈴も重要な場面での役を見事に演じ切っていた。

けやき坂46 人生に一時停止はない。「歩き続ける芝居」というコンセプト通り、全メンバーが90分間ステージ上で渾身の演技を見せた。将来は女優志望だという影山優佳は「最初は自分が出るシーンと出ないシーンに分かれていると思っていたので、ステージのど真ん中で演技をし続けるのが本当に戸惑って。でもその分、舞台に集中できるので、回数を重ねるごとに気合いが入っているので、そのことが逆に私たちのモチベーションをあげてくれているような仕掛けになっています!」と、夢に向けての新たな挑戦に自信をのぞかせた。そんななか、加藤史帆は「寝転がるシーンがあるんですよ。そのシーンが唯一休めるので好きです~」というへにょへにょな発言を残して、記者たちの笑いを誘った。

けやき坂46

ステージ中央で場面に合わせポーズを変えるメンバー達

次のページ 
今年のけやき坂46は…

1
2
<公演情報>
▼けやき坂46 初舞台公演『あゆみ』
公演日程:2018年4月20日(金)~5月6日(日)
※4月21日(土)、22日(日)、5月4日(金・祝)は休演日
出演チーム日程の詳細は、https://www.nelke.co.jp/まで。
●チームハーモニカ
井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高瀬愛奈、東村芽依、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂
●チームカスタネット
柿崎芽実、影山優佳、佐々木美玲、高本彩花、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより





おすすめ記事