恋愛・結婚

結婚に消極的だった女性とスピード成婚! 男がとったアプローチ方法とは?

 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

山本早織

 今日は、来月11月4日に私がコラボ開催する「本気で結婚したい人にしか教えたくない婚活セミナー」でお話しさせてもらう4つの内容のうち1つ「ポジショニング戦略」の内容をベースに「いいな」と感じた女性に振り向いてもらう方法をお伝えします。  人間は「肩書」と「ポジショニング」で、その人のキャラクターが決まると、私は定義しています。特に恋愛においてはポジショニングがとても大切で、相手との関係性をつくる上で重要なポイントです。  例えば、業務内容はまったく変わらないけど、「あなたは同期のリーダーです」と突然、肩書とポジションが指定されると、毎日の業務は変わらないのに自分自身のアンテナが変化し、キャッチする情報も変わります。  また、周りの目も「リーダーというポジションにいる人」となるため、自然とリーダー的キャラクターに変化していきます。  もちろん、きちんとポジションをとって、相手に認知させることが重要になるので、ただの自己満リーダーでは効果はなくなってきますが……。 スピード成婚

フワフワしていた女性の心を動かしたのは男性のひと言

 これを結婚相談所のお見合いのパターンで考えてみます。  結婚相談所ではわかりやすく、「仮交際」「真剣交際」とポジションに名前がついています。「仮交際」では何人と交際してもいいし、お見合いを続けることができます。  その中で「この人と将来を考えていきたい」とお互いに感じることができたら、「真剣交際」に進みます。「真剣交際」は、お互いにお見合いはもうせずに、「仮交際」をしていた人たちとのつながりも終わりにして、一対一でお付き合いをしていきます。  先日、成婚をした高橋恵美子さん(仮名・41歳)は、少し消極的だったこともあり、あまりお見合いの数は多くありませんでした。  結果的に成婚となった男性とのお見合いから「仮交際」に進んだときには、ほかのお見合いは決まっておらず、「仮交際」をしているほかの人もいませんでした。  つまり、真剣交際と変わらない状態でした。しかし、お互いのポジショニング認識は「仮交際」。当時、彼女は「彼といてとても楽しいけど、『もう少し様子を見ていこうかな?』くらいな感じでいいんですよね?」と特別さを感じているわけでもなく、むしろプライベートでほかに少し気になってる人がいる……しかし、その人とはよく関係性がよくわからない。「お見合いでいい人がいれば何かかわるのかも?」という、なんともフワフワした状況でした。  そんな中、お見合いで出会ったお相手の男性は、もう恵美子さんと先に進むということを決めていたようで、1度目のデートで「真剣交際」を考えていることを彼女に伝えてくれました。  彼は自ら「自分はあなたと『真剣交際』のポジションにいきたいよ!」と伝え、ポジショニングのために行動を起こしてくれたのです。  それを受けて、フワフワモヤモヤしていた恵美子さんは、すぐに私に連絡をしてきてくれて、「早織さんのコンサルが必要です(泣)。1度目のデートで『真剣交際』を考えてるって言われました。1回で何がわかるんですかね? 不安になってきました」と、とても素直に気持ちを伝えてくれました。
次のページ 
期待する関係性が明らかになる一緒にいる時間の密度が上がる
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事