ニュース

「ミスター東大」ファイナリストが逮捕。意外な素顔と収入源を友人が語る



Youtuberは顔を売るため。少し怪しいスカウトで稼ぐ?


「稲井くんはとても口が堅くて、あまり自分のことを話さない人でした」

 稲井被告とよく遊んでいたという男性に話を聞くと、このような言葉が返ってきた。一体どういうことなのだろう。


「よく連絡を取り合って、遊んだりもしていました。そこそこ仲も良かったんですが、こっちが興味のある話題についてほとんど教えてくれなかったですね。例えば、女性関係について聞いてみても『いやぁ~』みたいな感じ。

 現在の稲井くんの主な収入源はスカウトの仕事だと思います。その仕事は僕から見て少し怪しいと思えるようなもので、それについて何度か色々聞いてみたんですが、すべてうまくかわされていました。今から半年前に会ったときは、不動産系の仕事を始めるって言ってましたね。24歳という若さですが、麻布に住んでいたとの話も聞いたことがあるので、かなり稼いでると思います」

 SNSを見る限り、「軽佻浮薄」というイメージのあった稲井被告だが、今の話を聞く限りそんなこともなかったようだ。また、こんなことも話してくれた。

「彼は元々、『Youtuberは顔を売るためにやっていた』と言っていました。その成果もあってか、男女問わず大学生からの人気がすごかったですね。ものすごく慕われていて、若い人の憧れの対象のような人でした。稲井くんがしている活動のスタッフは、ほとんどが彼を慕ってきた人たちでしたね。そしてそんな裏方スタッフの彼らも、ものすごく口が堅くて。こっそり恋愛について聞いても、『それは…』って言われてしまいました(笑)」

「礼儀正しい良い子」という声も


 また、稲井被告と親交のあった別の男性はこう語る。

「すごくいい子で、年上にもかなり可愛がられるタイプでしたよ。一緒にお酒を飲む機会もあったんですが、グラスが空くと必ずお酌してくれて。礼儀正しい良い子というイメージでした。今年の正月には『あけましておめでとうございます』という律儀なLINEも送ってくれたりして(笑)。今回の報道は信じられませんが、もし本当なら残念ですね」

 先日はミスター慶応ファイナリストの男が準強制性交容疑で逮捕され、今度はミスター東大。高学歴でイケメンと持ち上げられた彼ら。今回の稲井被告も、自らを取り巻く環境に勘違いし、「すっかり調子こいてしまった大学生」というイメージを記者は持っていた。しかし、「人望があり礼儀正しい」という意外な一面が発覚し、少々驚いた。これから事件がどのような展開を見せるか注目したいと思う。〈取材・文/日刊SPA!取材班〉

1
2





おすすめ記事