雑学

入ったら出られない竹藪、触れるとたたられる木…全国に残る「禁足地」とは

「一度入ると二度と出てこられないという市川市の竹藪」、「その木の落ち葉に触れただけで祟られるという甲州市のホオノキ」など、平成の現代日本に、いまもなお「人々が畏怖し立ち入らない場所」が残されているという。

 TBSの人気深夜番組「クレイジージャーニー」でもおなじみ、オカルト研究家で『禁足地巡礼』の著者である吉田悠軌氏は、そんな日本各地に残された「禁足地」を数多く訪ねている。

吉田 悠軌

吉田悠軌氏

「足を踏み入れるのを禁じる地」と書く「禁足地」とはいったいどういう場所なのか? 祟りや心霊現象があるような怖いスポットなのだろうか?

吉田「『禁足地』とは宗教や信仰文化において、入ってはいけないとされる場所のことです。私有地・軍事基地・研究施設など現実的な理由による『立ち入り禁止エリア』と『禁足地』とは分けて考えた方がよいですね。

 各地の禁足地は『祟りや心霊現象がある』と言い伝えられている、または昔はそう言われていた場合が多く、そういった意味で怖れられてはいました。

 イタズラ者が入らないように恐怖によって制限する、という意味もあったでしょう。科学的検証によって証明できるような、本当の祟りや心霊現象があるかどうかは、私にもわかりませんし、誰にもわかりません」


 吉田氏の著書によれば、禁足地には、「昔、神が降り立った場所」や「神事を行う場所」など、信仰上の理由から神聖視されている場所が多いという。奈良県大神神社の「三輪山」のように、山全体だったり岩や島、神社の一隅であったりするが、福井県の氣比神宮のように小学校のグラウンドにぽつりと社叢(しゃそう・聖なる森)が残されていることもあるとか。

奈良の三輪山

奈良県桜井市の三輪山

福井氣比神社の社叢

福井県敦賀市、氣比神宮の社叢

次のページ 
言い伝えとともにずっと人々が立ち入らずにいる場所

1
2
3

「見たものを口外してはいけない、お言わず様」や、沖縄の御嶽、天皇陵など 禁足地についてもっと知りたい方はコチラを。
禁足地巡礼』吉田悠軌・著 扶桑社新書

人が足を踏み入れてはならない場所が、日本各地には点在している。





おすすめ記事