エンタメ

女性芸能人と結婚してブレイクした男たち

 11月27日、俳優の青木崇高がバラエティ番組『火曜サプライズ』(日本テレビ系)にゲスト出演した。アポなしロケの敢行が人気の同番組だが、この日の放送回では青木、ヒロミ、オリエンタルラジオの藤森慎吾の3人で東京都江東区のホルモン店へ。そこで青木は、なんと店主に「優香のハートを射止めた男です」と名乗ってみせたのだ。  そう、青木と優香は2016年6月に結婚している。二人は同じ1980年生まれではあるものの、ブレイクしたのは優香のほうがはるかに先で、“癒し系”のグラビアアイドルとして早々と人気者になった。  一方の青木も、結婚した時点では優香に知名度で劣っていたかもしれないが、今では「優香のハートを射止めた男です」なんて堂々と胸を張れるほどの成長ぶりだ。  そこで今回は、青木をはじめとし、著名な女性芸能人と結婚後に頭角を現していった男たちを紹介していこう。

青木崇高:優香と結婚、実力派俳優への道をまっしぐら

 まずは冒頭でも触れた青木について、もう少し掘り下げたい。1997年に芸能界入りした妻の優香に対し、青木は2002年、ケイン・コスギ主演の『マッスルヒート』という映画がデビュー作である。そこから地道に経験を重ね、2006年にNHKの連続土曜ドラマ『繋がれた明日』で初主演。翌年には、NHKの連続テレビ小説『ちりとてちん』で、ヒロインの夫となる落語家役を好演している。  その後も185cmという高身長に、がっしりとした体格を活かし、NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や『平清盛』、映画『るろうに剣心』シリーズなどで存在感を放っていた青木。どちらかというと名脇役タイプではあったが、2016年にNHKの木曜時代劇『ちかえもん』で主演を務め、のちに結ばれることになる優香とも共演した。今年のNHKの大河ドラマ『西郷どん』で演じた島津久光役は、バリエーション豊かな“顔芸”が評判を呼んでおり、今なお俳優として進化を続けている。

賀来賢人:榮倉奈々と結婚、コメディ俳優として開花

 続いては2018年、大ヒット漫画を原作とするヤンキードラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で主演に抜擢された賀来賢人。同作に関するインタビューで、賀来は「『これでコケたら本当に役者を辞めよう』っていうくらいの気持ち」と意気込んでいた。というのも、彼の主演は2012年の深夜ドラマ『クローバー』(テレビ東京系)以来、約6年ぶりのことだったのである。  その期間に賀来は、2014年のドラマ『Nのために』(TBS系)で知り合った女優の榮倉奈々と、2016年8月に結婚。涼しげな顔立ちとは裏腹にコメディを得意とする彼は、昨年だけで『中年スーパーマン左江内氏』(日本テレビ系)など5本のテレビドラマに起用されており、榮倉との結婚が弾みになったともいえそうだ。先述のインタビューで、賀来は「これまで決して順調な俳優人生ではなかった」とも語っているが、本当の飛躍はこれからなのだろう。
次のページ 
人気アイドルと結婚後、活躍の場を広げる
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事