恋愛・結婚

ファンと付き合ったアイドルの顛末「私はこうして彼と繋がった」

 地下アイドルとファンの距離感は意外と近い。週に何回もライブやイベントの現場があり、いっしょにチェキを撮るなどすれば、密に接することができる。  アイドルといえど、ひとりの人間だ。頻繁に会い、応援してくれるファンに対して情が生まれないとは言い切れない。その結果、アイドルとファンが“繋がり”、交際に発展することだってあるのだ。
アイドル

ステージの上で輝いて見えるアイドル。遠い存在に思えるが、ファンと繋がり、真剣交際に発展することだってある。果たして、その顛末とは……

私はこうしてファンと繋がった

 実際にファンと付き合った経験のあるサエコさん(27歳・仮名)がこう話す。 「もう3~4年前の話ですが、当時加入していたアイドルユニットのファンとお付き合いしていました。じつは、付き合うキッカケというか、そもそも繋がったキッカケ自体を私が作ったんです(苦笑)」  “繋がる”というのは、アイドルとファンが個人的に連絡が取れる状況になることだ。本来アイドルとファンはTwitterやブログを通さなければコンタクトが取れない。彼女はどんな方法でいちファンと繋がったのだろうか? 「比較的ゆるい運営だったんで、ファンレターの内容確認とかがなかったんです。何回かファンレターをもらって、返事をマメに返してたんです。6回目ぐらいの手紙で普通にLINEのIDが書いてあったんで、私から連絡しました。彼は8歳上で身長170cmぐらいの中肉中背。  別にタイプでもなんでもなかったけど、私、本当にファンが少なくて……。だから、純粋にファンとして応援してくれたらなって。彼は基本的には箱推し(※ユニット全員を応援すること)でしたが、他のメンバーの太客でもあったんですよ。それで、この人が私に“推し変”して欲しいなって」  小柄で童顔。10代にしか見えないサエコさんにファンがいなかったというのはにわかに信じがたい事実だが、メンバー内では1番推しが少なかったという。推しの少ないアイドルが肩身の狭い思いをするのは、イベント終了後などに行われる物販のときだ。 「私のファンは2~3人。それもたまにライブに来るくらいでチェキもあんまり撮ってくれないから、物販の時間が地獄でした。他の子には何人もファンが並んでいるのに、私の前にはだれもいない。もはや、利益のバックとかお金の問題じゃなく、もうあの時間が耐えられなくて。  だから彼にどストレートに『私にはファンがいないから、私を応援して欲しい』ってお願いしました。彼の推していたAちゃんは人気メンバーで、ファンが1人いなくなっても問題ないけど、私にはアナタが必要だよって」
次のページ 
ファンと裏でつながり…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事