エンタメ

マジパン・浅野杏奈、女優デビューに感無量「いろんな夢を開いてくれた」

 女性アイドルグループ、マジカル・パンチラインの浅野杏奈が念願の女優デビューを果たした映画『メグ・ライオン』が、いよいよ9月4日より劇場公開される。おバカ映画の巨匠・河崎実監督のもと、ある惑星のワケあり王女を、時にはキュートに、時にはパワフルに演じた浅野が、本作に込めた思い、さらには女優初体験で感じた自身の可能性について熱く語った。
映画『メグ・ライオン』でスクリーンデビューを果たす浅野杏奈

映画『メグ・ライオン』でスクリーンデビューを果たす浅野杏奈

 本作は、「あなたをSFコメディー映画の主役に!」と題した日本橋三越伊勢丹の2019年新春夢袋企画によって製作された異色作。一般公募により会社員の長谷摩美さんが約500万円を出資し、自ら主演を務めた前代未聞のチャレンジ企画だ。『いかレスラー』『日本以外全部沈没』『ヅラ刑事』などの奇才・河崎監督がメガホンを取り、長谷さんが変身する美女役を浅野が務める。 ストーリー:会社のお局様や後輩に疎まれる50代の独身OL・獅戸めぐ(長谷)は、ある日、『ターミネーター』の如く空から素っ裸で降臨したイケメン星人・ジョナサン(ジョナサン・シガー)と遭遇する。「あなたはキングライオン星の王女です」と打ち明けられ、突然キスされた彼女は、なんとアイドル系の美女(浅野)に大変身! ところが、めぐの秘密の力を手に入れようと、ウルトラタイガー星人(渡辺裕太)の魔の手が襲い掛かる。果たしてめぐの運命は!? た、助けて!メグ・ライオン!!

●女優デビューのきっかけは、週刊SPA!のマジパン特集

週刊SPA!の誌面特集で、役を射止めたと明かす浅野杏奈 なんでもありの河崎監督とはいえ、女優経験の全くない浅野に、なぜ、突然オファーをかけたのか。浅野自身も気になっていたらしく、河崎監督に直接聞いてみると、「なんと、SPA!さんの『マジカル・パンチライン特集』を観てくださったみたいで。そこで何かピンときたらしく、私を選んでいただいたみたいですね」とうれしそうに語る。  間接的ではあるが、浅野の女優デビューに一役買ったようで本誌も喜びひとしおだが、もともと浅野が女優を目指して芸能界に入った経緯もあり、その意思を河崎監督が見抜いた、あるいは汲み取った、と言った方が適切だろう。  河崎監督といえば、そのおバカな作風から、ちょっと変わったキャラクターを想像してしまうが、実際にタッグを組んだ浅野いわく、「すごく気さくで、現場では頼りになる監督」と意外な答え(失礼!)。「私が出演しないシーンでも、『観るだけでも学べることがあるから、いつでも見学においで』と言ってくれる、とても真摯な方」と手放しで絶賛する。  完成した作品に対しても、その独特の作風に「ぶっ飛んでいる!」と一瞬たじろぐも、観終わったあとは、「コロナ禍で凹んでいるこの時期に本作を観たら、みんなクスッと笑えて元気になれるんじゃないかな。個人的にも、心が救われる映画とか、幸せになれる映画が好きなので、そういう意味では、この作品に出演できて本当に良かった」と笑顔を見せた。
次のページ 
実力不足を感じるも、気持ちは“熱血メラメラに”
1
2
●タイトル:『メグ・ライオン』
●公開日:9月4日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ他にて全国ロードショー!

監督:河崎実
製作:主演:長谷摩美
出演:浅野杏奈(マジカル・パンチライン)/ジョナサン・シガー/渡辺裕太/岩井志麻子/真夏竜
   田中美和子/桜りん/shiffon/ネリ/桃山美緒/一宮すばる/小林さとし/日出郎

プロデューサー:河崎実 関谷和隆 佐熊慎一
脚本:小林弘利 河崎実
撮影:佐々木雅史 松尾誠
録音:塩田康一 相田義敦
ヘアメイク:田部井美穂
スタイリスト:チバヤスヒロ
特殊造形:梶康伸
キャラクターデザイン:加藤礼次朗
音楽:アサカコウギ
編集・SE:川﨑雄太
アクション監督:早瀬重希

<2020年/日本映画/カラー作品/52分>

企画協力:株式会社三越伊勢丹 松竹ブロードキャスティング株式会社
製作:リバートップ
配給:TOCANA
©ロングキャニオン2020

HP:https://tocana.jp/2020/06/post_158242_entry.html

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事