雑学

AAA浦田を笑えない? 酒のありえない失敗談―― 20万円散財、他人の家に帰宅…

 人気ダンス&ボーカルグループ・AAAのリーダー、浦田直也容疑者の泥酔・暴行事件。浦田容疑者と女性に面識はなく、コンビニで「俺はAAAだ」とナンパ。ところが、「知らない」と言われたことに腹を立て、頬を平手打ちしたという。
 謝罪会見では、ワインなど20杯以上飲んでいたと言い、「記憶にない」「わからない」と連発した。

 他人に迷惑をかけてはならないが、お酒を飲むと楽しくなることはわかる。つい飲み過ぎてしまい、失敗した経験がある人も多いのではないだろうか。

酒

お酒に酔ったからといって他人に迷惑をかけてはならない。しかし、つい飲み過ぎてしまい、失敗した経験があるという人も多いだろう。※写真はイメージです(以下同)

何度も繰り返す「起きたら終点の高尾駅」


 西武国分寺沿線に住む吉田ルミさん(25歳・仮名)が「いっつも飲みすぎて、ちゃんと家に帰れないんです」と苦笑する。

「普段は渋谷や新宿で飲んでいるのですが、恋人と同棲しているので、ちゃんと家には帰ろうと思って。一応、終電には乗るんです。でも、毎回起きると終点の高尾とかにいて……(苦笑)。もう電車もないし、タクシーで帰るには高すぎるし、いつもファミレスとか居酒屋で始発待ちしてます。
 彼も呆れているし、いつも飲んでる友人にも『どうせ電車で寝ちゃうんだから朝まで飲もうよ』って言われるんですけど、酔って気が大きくなるせいか、逆に、私はちゃんと帰れる!って根拠のない自信が出てくるんです」

 筆者も東京都下に住んでいた時は、気がついたら終点駅にいたことは何度もある。「もう飲まないっていつも思うけど、それでも飲みにいっちゃうんですよね」 という吉田さん同様、反省はするが同じことを何度繰り返したかわからない。

 続いて、「お酒は強いほう」と自認する古屋麗さん(33歳・仮名)は、最寄り駅には帰れるものの、自宅までたどり着けないことがあるという。

「みんなと解散するまではシャキっとできるんですが、1人になった途端、フニャっとしちゃうんです。去年の夏なんですが、同僚との飲み会の帰りに、最寄り駅について、駐輪場に停めてある自転車を押して帰ろうとしたんですけど……起きたら朝だったんです。暑いし、蚊に刺されてかゆいなぁ〜って思ったら、駐輪場で寝てたんです(笑)。さすがにびっくりしました。まあ、そんな姿を会社の同僚に見られなかったのが不幸中の幸いかな」

次のページ 
酔った勢いでキャバクラ・ホストクラブで散在

1
2
3





おすすめ記事