エンタメ

阿部寛『結婚できない男』が13年ぶりに復活…何年もたって復活した名ドラマ5選

 2006年7~9月に放送されていた『結婚できない男』(カンテレ・フジテレビ系)。ルックスも収入も人並み以上なのに、偏屈で独善的で皮肉屋な性格のために女性から敬遠され、結婚できないでいる40歳の男・桑野信介を阿部寛が演じ、人気を博していたドラマだ。

結婚できない男

『結婚できない男 Blu-ray BOX』(ポニーキャニオン)

 独身生活を大いに満喫し、「結婚なんてメリットがない」とさえ思っていた桑野が、ある女性との出会いで恋愛を意識するようになり、結婚について真剣に考えるようになるまでの日常を、コミカルに描いた同作。2006年当時にしては、斬新とも思える未婚についての視点を提示し、“結婚できない男”という言葉は社会現象にまでなった。

 それから13年が経った今年、続編の製作が決定。10月より放送開始の予定で、前作が放送されていた頃より、結婚しない人が増えた今の時代を反映させながら、53歳となった桑野の暮らしが描かれていくとのことだ。

 この復活について阿部は「随分長い間結婚してなかったんですね、やっぱり。彼に再会できることがうれしいです」と、なんとも憎めない桑野というキャラクターへの、深い愛情が滲むコメントを発表した。

『結婚できない男』に13年のブランクがあったように、時間を置いてから続編が作られた人気ドラマは少なくない。そこで今回は、長い時を経て復活したドラマを、まとめてご紹介しよう。

『HERO』:型破りな検事が帰ってきた!


 元不良で中卒という経歴の、スーツを着ない型破りな検事・久利生公平を木村拓哉が演じた『HERO』(フジテレビ系)。そのユニークな設定や脇を固める個性的なキャラクター、ときにコミカルときにシリアスなストーリーが受け、2001年に放送された第1弾ドラマシリーズは、世帯視聴率が全話30%を超えるという大ヒット作となった。

 それから5年という時を経た2006年には、テレビスペシャルが放送され、そこでも30%以上の視聴率を記録。2007年には、ドラマのその後を描いた映画『HERO』が公開され、81.5億円もの興行収入を稼いだ。

 さらに、そこから7年の間をおいた2014年には、第2弾ドラマシリーズの放送がスタート。それまでの流れを踏襲しながらも、新規キャストを加えた内容で人気を博し、翌2015年には、前作と同じ『HERO』というタイトルで、新作映画が製作、公開されることとなった。

HERO

2015年に公開された映画『HERO』には、先のドラマシリーズでヒロインを演じた松たか子も登場し、2007年の映画以来、8年ぶりとなる木村とのコンビを復活させた(『HERO DVD スタンダード・エディション(2015)』東宝)

『ショムニ』:主要メンバーを一新して復活


『ショムニ』(フジテレビ系)は、同名マンガを原作とした、1998年のドラマ作品。「女の価値は男の数」と言い切る坪井千夏を江角マキコが演じ、彼女を中心に、同じ部署で働く落ちこぼれOL6人が、社会の常識にとらわれた情けない男たちを、バサバサと切っていくというストーリーが、新鮮だと好評を得ていた。

 同作品が人気となったことで、2度スペシャルドラマが作られ、さらに2000年には第2ドラマシリーズが、2002年には第3ドラマシリーズ『ショムニFINAL』が放送されることに。また2003年には、完結編となるスペシャルドラマ『ショムニ FOREVER』も製作され、一連のシリーズは締めくくられていた。

 だが、それから10年を経て作られた『ショムニ2013』でシリーズは復活。江角以外の主要メンバーを一新し、ベッキーや本田翼といったユニークな女優陣を迎え、注目を集めた。

ショムニ2013

『ショムニ2013』は、人気シリーズのキャストを大胆に一新した(『ショムニ2013 DVD-BOX』ポニーキャニオン)

次のページ 
『時効警察』:クセが強いシュールコメディが帰ってくる!

1
2





おすすめ記事