ライフ

便所で愛妻弁当を食べる非正規社員。正社員とのランチ格差がツラい

「ガチの便所メシです。非正規はこんなにも悲惨なのかと……」  都内の大手放送局に勤務する酒井大和さん(仮名・30代)は、制作会社から局に派遣されている非正規テレビ局員だ。  正規と非正規の間で広がる格差が叫ばれるようになって久しいが、それは憩いの時間であるはずのランチタイムにも現れつつある。実は酒井さんのように、便所や非常階段などで食事を済ます非正規もいるという。果たして、その実情とは?
日の丸弁当

※写真はイメージです(以下同)

正規と非正規の格差は、ランチの時間まで蝕む…

 酒井さんの年収は410万円ほどだが、一昨年には埼玉県某市に一軒家を購入し、小学生の娘二人とパートタイマーの妻を食わせるために必死に働いている。ちなみに、同局の正社員は30代で1000万円を超えるという。 「昼飯時になると、社員たちは1000円はする出前を頼んだり、会社近くでランチをしたり……。私もたまに付き合うのですが、基本的には妻手製の弁当なんです」  出費も増えるし、弁当持参で少しでも節約を、というのは非正規社員にとっては当然だろう。しかし、ここに非正規社員の悲哀があった。 「社員の若い女性、非正規のお局女性社員から“愛妻弁当”だと冷やかされるのです。それだけならいいのですが、中身にまでケチをつけられる。冷凍食品が多いと『愛されてるんですか?』とか、色どりが悪いと『昔の弁当みたい』とか。私もいい大人ですから怒りませんが、愛妻弁当にああだこうだ言われて、本当に悲しくなるのです」  そんなわけで、いじめられっ子よろしく「便所メシ」をするようになったという酒井さん。自身も働いている妻が旦那のためにと持たせてくれる愛妻弁当に文句を言われたら、夫としてはたまったものではない。ハラスメントに近い行為ではあるが「言う側」にその自覚が全くない。同じような例は他にも……。
トイレ

昼休憩の時間に埋まる便所。もしかすると、非正規スタッフが中で泣いているのかも…

次のページ 
弁当が恥ずかしくて…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事