エンタメ

女優・松本穂香、蒼井ブルーら推薦コメント続々到着! 鬼才・舞城王太郎がおくる深夜のグルメ漫画「月夜のグルメ」

 『孤独のグルメ』完結から4年――『週刊SPA!」が新たにおくる本格グルメ漫画・「月夜のグルメ」  『阿修羅ガール』、『好き好き大好き超愛してる。』、『NECK』といった唯一無二の世界観で、読者を魅了する小説家・舞城王太郎が原案を務め、漫画は繊細なタッチに定評があり、グルメ漫画を中心に作品を発表してきた奥西チエが担当。

「月夜のグルメ」第一巻が絶賛発売中

 月明かり照らす深夜に“食の冒険”へとおもむく一人の女性・朔良(さくら)の様子が描かれていく。父が残した一冊の手帖を携えながら、多種多様なお店を巡る朔良はまだ味わったことのない美味しい食べ物との出会いや、奥深いお酒の世界を嗜みながら、父の面影を辿っていくのだ…

今回第一巻の発売を記念して女優・松本穂香、文筆家・写真家として活躍する蒼井ブルーから、推薦コメントが到着した

松本穂香 × 奥西氏書下ろしイラスト

 <松本穂香(女優)コメント>  「知らない世界に触れる度に自分の輪郭が濃くなっていく。知らない場所、初めての食べ物、出会う人達。私の世界を狭めているのはいつも私だったのかと気付かされる。朔良の言葉はあたたかくて優しくて、わたしも一緒にホクホクと満たされてしまいました」

蒼井ブルー氏よりコメントが届いた。

 <蒼井ブルー(文筆家・写真家)コメント>)  たとえば、もう会えない人に会いたくなったとき、どうするだろう。せめてその面影をたどろうとするとき、どうするだろう。朔良(さくら)は、残された手帖をもとに、父が愛した「食」をめぐることにした。『月夜のグルメ』は、読むとおなかがすいてくる。お酒だって飲みたくなってくる。そして会いたさは、募ってゆくのだ。  第一夜~第三夜まで、試し読みはコチラから 試し読みはこちら 購入はこちら また作家として活躍する燃え殻氏からは、本作に向けて推薦コメントを寄せている。  「月夜に隠れ、あの人の好きだった店に僕も行ってみようかなぁ」と、本作の世界観を紐解いている。  カルチャー界隈がざわつく、本作第一巻は好評発売中。
「月夜のグルメ」(1)

鬼才・舞城王太郎が贈る深夜のグルメ漫画がコミックス化!

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事