ライフ

高校生仏師「たいが」のブレない心。新作はコロナ退散祈願のあの仏像

 仏像をつくる「仏師」という職業。一般的には、職人めいた中年や老人をイメージする人も多いかもしれない。しかし最近「高校生仏師」として、静かな話題を集めている人物がいる。
高校生仏師

高校生仏師のたいがさん

「たいが」という名の彼は、長野県内の普通の高校に通いながら、仏像をつくる仏師だ。一体どんな人物なのか。

幼稚園の粘土の時間に仏像を作る

高校生仏師

たいがさんの作品(本人提供、以下同じ)

――仏像を好きになったきっかけはなんだったんですか? たいがさん(以下、たいが):物心つく前から「お墓」が好きだったんですよ。墓石が好きで、小学校に上がるより前から、公園で遊ぶようにお墓に行って、墓石ばかり見ていました。そうしていると、母の友人が「そんな変わった子がいるなら」と、仏像の写真集をくれたんです。すぐにそれにハマって、それからですね。 ――仏像のどんなところに、心を奪われたのでしょうか? たいが:千手観音などは、手も顔もたくさんあって異形ともいえますよね。でも、それが尊くて。 ――同じくらいの年齢の子がハマる怪獣やスーパーヒーローを見るのと同じ感覚ですね。 たいが:そうですね。興福寺の千手観音に衝撃を受けて、室生寺の十一面観音を見た時が初恋です。心の中では、今でも彼女だと思っています(笑) ――はじめは「見る」「拝む」対象だと思うのですが、つくるようになったのはいつからですか? たいが:幼稚園で粘土の時間があったんですけど、その時に仏像を作りました。 ――ではキャリアはもう10年以上になるんですね。一番難しいのはどこですか? たいが:「目」ですね。まぶたの重なり方や分厚さが、本当に難しくて、今まで一度も満足のいく「目」ができたことはないかもしれません。 ――目の出来によって、瞑想の深さも見え方が変わりますからね。最もこだわる部分はどこですか?
高校生仏師

手のリアリティがすごい

高校生仏師 たいが:目の他だと「手」です。仏師の先生からアドバイスをもらって、試行錯誤して徐々にできるようになってきました。

コロナ収束のために作った仏像も

――仏像を見る時、そして作るときはどんな気持ちで向かうんですか? たいが:今、仏像は博物館に出されると多くの人を集めたり、仏像フィギアなども発売されたりしていますが、僕にとっては祈りの対象です。古い仏像を見ていると、今まで多くの人の祈りを受けてきたものなので、本当に尊く美しいです。でも、僕もまだ、こっちの仏像よりあっちの方がいいとか思っちゃったりすることもあります。本当は優劣はないはずなのに。なので、修行として作っているというところもありますね。 ――博物館で熱心に拝んでいる人はなかなか見かけませんもんね。 たいが:博物館の仏像の前に、お賽銭箱を置いたりするとまた違うと思うんですけどね。でも今は、こういう不安な時期でもあるので、仏像のあり方を、心の拠り所として見つめる時代が来ていると思います。 ――最近作ったのは、どんな仏像ですか?
高校生仏師

秘剣大師

たいが:コロナが流行っているので、早くおさまるようにという気持ちで「秘剣大師」を作りました。 筆者注釈:秘剣大師とは、疫病が流行した時代に時の天皇に弘法大師(空海)が、般若心経の講釈をしたところ、瞬く間に疫病がおさまったという逸話に基づく像例
次のページ
ディズニーの世界は浄土ですよ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事