ニュース

唐沢寿明似のイケメン仏像に、女子が殺到か?「国宝 東寺展」は必見

 桜の季節になると、花見客が大挙してやってくる上野公園に、今年は国宝の仏像群も大挙してやってくる。特別展「国宝 東寺ー空海と仏像曼荼羅」が東京国立博物館で3月26日から開催中。国宝や重要文化財に指定されている仏像が15体も勢揃いするという、同博物館史上でも類を見ない規模の展示になっており、25日、報道関係者内覧会が行われた。


 仏像というなんだか渋すぎるようなイメージで、興味をそそられない人もいるだろう。今回、そんな人にも仏像の良さを知ってもらおうと、普段仏像解説なども行っている筆者が、その魅力を紹介したいと思う。

稀代のイケメンがやってくる


 今回の主役とも言えるのが帝釈天騎像という、仏像界きってのイケメンだ。

帝釈天騎像

帝釈天騎像

 切れ長で涼やかな目元と筋の通った鼻梁で、多くの女性ファンを持ち、俳優の唐沢寿明に似ているという声も聞かれる。

 少し厳しめの表情は、帝釈天がまだインドの神様だった頃に、仏像界のイケメンとしての人気を二分する阿修羅と、幾度となく戦ってきた戦いの神だったことを思わせる。

 そしてなんと今回は、この帝釈天騎像が撮影OKとなったのだ。国宝指定の仏像の写真が撮れるなんて、これまでには考えられなかったこと。「帝釈天とデートに使っていいよ」というわけだ。

注目ポイントは乗り物?


白象

白象

 帝釈天の麗しいお顔に見とれてしまい見過ごしがちだが、仏像鑑賞の際には「乗り物」にも注目してほしい。帝釈天がのっているのは白象。「古代インドの王妃だった摩耶夫人が、白象のが胎内に入る夢を見て懐妊したのがお釈迦様だった」という逸話もある聖なる動物なのだ。

大威徳明王

大威徳明王

 さらに今回は、ドリカムかユーミンのコンサートかと思うような、仏像を360度どこからでも見られる展示方法になっている。お寺では見ることができない、水牛の可愛いお尻が見られるのは、ファンにとって最高の贅沢である。

降三世明王

降三世明王のバックショット

 ちなみに、筆者がオススメしたいバックショットは、降三世明王の後頭部についたお顔。迫力ある表情をぜひチェックしてほしい。

持国天

持国天

邪鬼

邪鬼

 そして乗り物といえば持国天立像にも注目したい。仏像に踏みつけられた小鬼のようなものがいるが、これは私たちの煩悩を表した「邪鬼」と言い、それを踏みつけることで悪い心を調伏している姿が表されている。煩悩まみれの筆者は、この邪鬼に感情移入。その愛らしい姿に見入ってしまった。

 このように、一見目立つ仏像だけではなく、楽しむポイントは隠されている!

次のページ 
仏像のパンチパーマの意味は?

1
2





おすすめ記事