デジタル

役所にマイナンバーカードのパスワードを忘れた人が殺到…対策は?

 SNS、ネットバンキング、会員ページへのログイン。これらには必ずパスワードが設定されている。今、何かと話題になっているマイナンバーカードも、利用の際は予め設定したパスワードを入力しなければならない。しかし、この「マイナンバーカードのパスワード」が全国の市区町村に多大な負担をかけている。
失念

マイナンバーカードのパスワードを失念した人たちが、所在の市区町村の役場に詰めかけているという(※画像はイメージです)

 それはなぜか? 一言で言えば、「パスワードの再設定は在宅でできない」からだ。

複雑な組み合わせの「マイナンバーカード署名用パスワード」

 マイナンバーカードを使ってオンラインプラットフォームにログインする際、当然ながらパスワードの入力を求められる。マイナンバーカードは、4種類のパスワードを必要とする。マイナンバーカード署名用パスワード、利用者証明用パスワード、券面事項入力補助用パスワード、個人番号カード用(住民基本台帳用)パスワードである。ここで取り上げるのはマイナンバーカード署名用パスワードだ。  他の3種類は4桁の数字で事足りるが、マイナンバーカード署名用パスワードだけは「半角文字を6文字から16文字まで、かつ、数字とアルファベットの混在が必須」である。公的個人認証サービスポータルサイトの説明によると、
公的個人認証サービスポータルサイト

画像は、公的個人認証サービスポータルサイトより

パスワードは半角文字で設定されるため、全角文字を使うことはできません。 アルファベットは大文字のみ使うことができます。 小文字で入力された場合は、大文字に変換されます>(公的個人認証サービスポータルサイトより)  とのことだから、たとえば「SPA2020」は6文字以上16文字以内でなおかつ数字とアルファベットが混在しているから使用可能である。逆に「FUSOSHA」「NIKKANSPA」という具合に文字数は満たしているがアルファベットのみのパスワードは設定できない。  そこで、読者の諸兄諸姉にぜひ考えていただきたい。こうしたルールがあるという予備知識のない人(デジタル機器を使い慣れていない高齢者など)が窓口で咄嗟に考えたパスワードを設定し、それをのちのちまで覚えていられるか否かということだ。 マイナンバー もちろん、そのパスワードを紙に控える人もいるはず。しかし時間が経つにつれ、それを紛失してしまうということも十分にあり得る。4桁の数字なら暗記できるが、数字とアルファベットが入り混じった16文字以内のパスワードなど、なかなか記憶できない。そうした人が所在の市区町村の役場に詰めかけているのだ。

「残機×5」パスワードを5回連続間違えるとロックがかかる

 マイナンバーカードのパスワードは、利用者各人のPCからでは再設定できない。その上、マイナンバーカード署名用パスワードは連続5回間違えるとロックがかかり、その解除の際も市区町村の役場へ赴く必要がある。このルールはテクノロジーライターの間で「残機×5」などと揶揄されているが、外出自粛が求められている状況でこれは明確な不備である。 公的個人認証サービスポータルサイト ここはスマホアプリを駆使したいところだ。筆者の愛用iPhoneのApp Storeで「パスワード管理」と検索すると、様々なアプリが表示される。無料のものもあるが、やはり有料アプリのほうがよりセキュリティー性が高い。パスワードの暗記に自信がないという人は、積極的にスマホアプリを活用するべきだ。ダウンロードの際はレビューを参考にして、高評価の割合の高いものを選択しよう。 パスワード では、スマホを持っていない人はどうすればいいのか?
次のページ
スマホを持っていない人は…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事