恋愛・結婚

ファッション弱者が決定的にモテない理由。「ダサい男」は異性として論外に

ファッションは一瞬で変化できる「手軽なツール」

結婚相談所 会員さんには、まずはトータルで1コーディネート、初デート用の決まった私服をスタイリングしてもらうことをオススメしています。自分自身でファッションを変えるのは自信がないという方は「アップデートコーデ」というサービスを展開しているスタイリストの西水さんに、初デート用のトータルコーディネートをお願いすることもあります。  また、ファッションをもっと知りたい、自分で知識をつけてファストファッションでもおしゃれに見えるようにコーディネートできるようになりたいという方にはファッションバイヤーのMBさんのメルマガをオススメしています。   婚活の現場でさまざまな女性たちから話を聞くと、「男性のファッションがあまりにもダサい」「雨の日にクロックスでデートに来た」「お見合いのスーツがヨレヨレしていた」と悩み相談をよく耳にします。 「ファッションで判断をすべきではない」ということは女性自身もわかっています。しかし、どんなに内面が素晴らしくても、ファッション弱者には男性的魅力を感じず、多少の好印象を獲得できたとしても「友人っぽい」「上司っぽい」「お父さんっぽい」といい人どまりになってしまいがち。  ファッションは一瞬で変化させられる、とても手軽なツールです。ぜひ今一度、自分のファッションを見直してみてください。1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は恋愛コンサルタントとして結婚したい男女に向けて情報や出会いの場を提供する。メルマガ「結婚につながる恋のコンサルタント山本早織があなたの恋のお悩み解決し、最高の結婚生活の作り方も教えます」が配信中。公式ホームページ「結婚につながる恋のコンサルタント 山本早織
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事