恋愛・結婚

コロナを機に婚活を始める独身40代が増殖中。陥りがちなダメパターンは…

 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。
山本早織

山本早織

 コロナの終息はいまだ見えず、コロナとどう付き合っていくかということが問われている今、「モテる40代男性」たちの婚活ニーズが高まっています

コロナをきっかけに人生を考えた40代男性たち

 さんざん遊び倒してきた男性たちがコロナ自粛を経て、今まで自分がいかにお酒や女性にお金を使って遊んでいたことを振り返る。時間とお金の使い方を見直したとき、本当に大切な存在を本気で作ろうと決めて、結婚相談所に入会された方が少なくありません。  私から見ると、そのような男性たちは女性との出会いも多く、経済的にも豊かなので、「結婚相談所に入らなくても、すでに出会っている女性の中で見つけようと思えば見つかるんじゃないのかなあ……」という印象を持ちます。  しかし、そのような男性たちが口を揃えていうのが、遊びで出会った女性ではなく自分が今まで出会ったことないような真面目でしっかりとした経済観念を持った女性がいいということです。
婚活

※写真はイメージです(以下同)

 男性の40代独身は、「このまま遊び続けるか」「きちんと家庭を持ち地に足をつけるのか」を考える節目。今回はそんなたくさんの女性と遊び倒してきたモテる40代男性の婚活も含め、40代男性が陥りやすい婚活の罠についてお話しします。  人間は「時間」と「お金」をかければかけるほど、それを取り戻したいと思う心理が働くといわれています。たとえば、皆さんの周りで「この上司にいつも怒られて嫌なんだよね。会社辞めたいなぁ」と言っている人も実際のところは辞める人は少ないでしょう。  なぜかというと、「これだけ怒られて我慢をしている時間を使ったのだから、もう少し我慢をすれば報われるかもしれない」と回収をしたい心理が働いているから。恋愛も一緒で時間とお金をかければかけるほど、それをしっかりと回収しようとしてしまいます。  なので、私は女性にアドバイスする際、「とにかく男性には自分にお金と時間をかけてもらったほうがいい」と教えています。自分とのデートに時間を使ってもらうことやデートコースを考えてもらうなど、時間とお金をかければかけるほど「この人と付き合うまで頑張る」と男性は回収しようと執着してきます。  40代の婚活男性は「ここまで独身だったんだから周りが一目置くような素敵な女性と結婚したい」と、自分自身が結婚に至らなかった時間とお金を回収しようとしてしまう心理が無意識のうちに働いています。  さらに年を重ね、さまざまな周囲の例を見てきている40代男性の婚活の特徴として「失敗したくない。失敗できない」という強い気持ちがあるということです。
次のページ
決断できない男性心理とは?
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事