お金

父親代行を副業に…シングルマザーが依頼してくる事情とは?

休日は別の顔。子煩悩な父親がほかに5つの“家庭”を持つ理由

 家に帰れば子煩悩な2児のパパである長谷川裕一氏(仮名・40歳)は、父親代行を紹介するテレビ番組を観て、家族代行サービス業に飛び込んだ。仕事が休みの日を中心に、一日30分~4時間、月に3~6回程度、副業に勤しんでいる。
自分を売って稼ぐ

長谷川裕一氏(仮名・40歳)

「担当するご家庭が常時3~5軒あって、主にお子さんの授業参観や、運動会などのイベントに合わせて各家庭を回るような形で父親役を務めます。一回につき1万~2万円、交通費も別途つきます」  主な依頼主は、約123万人(’19年12月時点)いるといわれるシングルマザー。父親代行と言えば、結婚式に参加するなど単発依頼のイメージが強いが、昨今は子供への配慮や周囲の目を気にするユーザーがリピート依頼してくるケースも多い。 「2歳の男の子の家庭に派遣されたときは、習い事の発表会でした。その母親は周りの父母たちにどう見られるかを気にしていて、『父親もちゃんといる』という体裁をつくろいたかったようです」  とはいえ、突然現れた男を、子供はすんなり父親とは認識しない。 「最初は警戒して手も繫いでもらえませんでした。喫茶店に一緒に入ったり公園で遊んだり、長時間かけて少しずつ仲良くなってから、ようやく発表会に行ったんです。ただ、そうやって子供に慕ってもらうための行為には、騙しているという面もあるわけで。この仕事を5年やっていても、罪悪感はいまだに拭えないです」
自分を売って稼ぐ

長谷川氏が登録するサービスでは「家族代行」の定番のほかに「リア充アピール代行」「お叱り代行」など変わり種も用意している

次のページ
罪悪感を感じつつも母子の笑顔に癒やされる
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事