仕事

出会い系のサクラ歴14年の女性が暴露する、サクラも手を焼く“ヤバイ客”たち

「出会い系サイトを利用するお客さんは、本当に色々な人がいますよ。私、15社も渡り歩いていますからね、情報量はすごいですよ」
麻友さん

麻友さん(左)。隣はサクラの同僚だという

 20歳から現在まで出会い系サイトのサクラとして14年間働く麻友さん(仮名・34歳)。中には、かなり癖のある利用客もいるという。  出会い系サイトのサクラとは、利用客とメールのやり取りをする人のことを指す。このメールの送受信には1通500円程度の料金がかかる。しかし、いくらいい雰囲気になっても一生出会うことができない。サクラたちは客を泳がせるだけ泳がせて、金を使わせる。それでも、利用する人間は多いのだ。

返信が10分以内の看護師

「あの女性はいつ寝ているのか。社内スタッフ、皆心配していましたよ」  その女性とは、メールのやりとりだけで月50万円以上使うヘビーユーザーA子さん(30代)だ。利用歴は5年だという。  A子さんは現役の看護師とのことなのだが、サクラがいつメールを送っても、すぐに返信が返ってくるそうで、そのスピードは平均10分以内というから驚く。 「メールのネタ切れ対策のために、A子さんにはサクラを5人投入しています」  投入したサクラ5人のキャラの内訳は、俳優の卵、御曹司、カリスマ美容師、青年実業家、医師。年齢設定は20~30代で、写真はそれっぽい雰囲気のものを、SNSから拾って使う。  メールの内容は恋人のようなイチャイチャトークがメインで、昼夜問わず、過激で性的な言葉が飛び交うものだという。ハイスペックな5人の男性から言い寄られていると思い込んでいるAさんはお気に入りのサクラに対して、“早く私に会わないと取られちゃうよ?他の男からもアタックされているんだから”と、恋の駆け引きを仕掛けてくることも多いそうだ。 「他の男っていうのは、もちろんサクラのことなんですけどね。どのサクラも優しくてイケメン設定なので、勘違いしてしまう理由も分かりますが…」

暴言を吐いてくる非モテ40男

「チヤホヤされて調子に乗るのか、常に暴言を吐いてくるお客さんもいます」
スマホ操作

写真はイメージです(以下同じ)

 どんな態度のお客さんにも優しく接する出会い系サイトのサクラたち。長年利用していることで感覚がおかしくなってくる人も多いようだ。その中でも印象的だったと話してくれたのは、B男さん(40代)だ。 「“お前みたいなブスは、俺とやりとりできてることを感謝すべきだ”と送られてきました…」  ちなみにサクラとして用意したのは、モデルの卵と思われる女性の写真。当然、全くブスではなく、むしろ美女の部類に入るはずだ。 「“俺、イケてるだろ?”と、送られてきた写真はチェックシャツに細身のパンツ、ひと昔前のギャル男みたいな写真。これに対して300文字くらいで丁寧に褒めないとブチ切れるんです。毎日のことなのでネタ切れですよ」  現在でもそのやり取りは続いており、出勤した時に返信しなくてはいけないと思うと若干胃が痛むそうだ。 「もしかしたら、私たちのほうが遊ばれているのかもしれません。実際、体調崩しかけている仲間も数名いますし…」
次のページ
謙虚なユーザーには退会を促すことも
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事