エンタメ

“緊急事態宣言下における飲食店の秘策とは?”「小野寺ずるのド腐れ漫画帝国 in SPA!」~第十二夜~

 新年早々に一都三県に緊急事態宣言。出鼻を挫かれるとは、まさにこのことか。ステイホームでお家時間が増えたことで、自然とテレビを見る機会が増える。そこに、本漫画の著者である“ずる氏”が出てくることが多い。花王「エマール」のママさん役だったり、コカ・コーラ「檸檬堂」の端っこにいるメガネOLだったり。おまけに1月23日からはじまるドラマにもレギュラー出演されるそうです。ここは無理に頑張らず一休みして、ゆっくりテレビや雑誌、WEB記事を読むのもいいかもしれません。憂鬱な月曜日の夕方更新、ちょっと疲れた仕事上がりに読んでほしい「第十二夜」です。

なぜ、耳だけ書かなかったか現代では理解不能


何も、何も、めでたくない

担当より:大晦日にバイトするやつは根性があるか寂しい人!'89年宮城県出身の役者、ド腐れ漫画家。舞台を中心に活躍後、'19年に「まだ結婚できない男」(関西テレビ)で山下香織役、'20年「いいね!光源氏くん」(NHK)で宇都宮亜紀役など、テレビドラマでも活躍の場を広げる。また、個人表現研究所「ZURULABO」を開設し、漫画、エッセイ、ポエムなどを発表。好きな言葉は「百発百中」。 Twiter:@zuruart

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事