ライフ

リモートワークで不安を増大させる新社会人の本音と処方箋

 リモートワーク前提の働き方が浸透しつつある一方、他人と接する機会が激減したことで孤独を感じる人は少なくない。特にコロナ禍以降に就職した新社会人は、ただでさえ不慣れな社会人生活に加え、社会人としてのコミュニケーションマナー、とりわけ上司や同僚、取引先との人間関係に悩むケースが増えているという。

リモートワークの推進により孤独感を覚えるビジネスマンは新社会人に限らず多い

 シェーバーを販売するP&Gジャパンが男性にしぼって実施した「新入社員時代の働き方に関する調査」(全国の22歳~60歳の男性会社員304名を対象)によると入社当時、「アドバイスしてくれる同僚や先輩、上司に出会えるか」、「上司に良い印象を与えられるか」、「心の支えとなるものがあるか」などの不安を感じていたことが明らかになっている。 

コロナ禍でも変わらず新社会人に求められるものとは?

 意外だったのが、新型コロナの影響で「以前に比べてビデオ通話でやりとりをすることが多くなった」と64%が答えた一方で、「服装や髭などのルールが、以前よりも緩和された」と答えた人は全体の約4分の1ほどだった点だ。オンラインによるモニター越しのコミュニケーションが主流となったとはいえ、依然として身だしなみはビジネスマンにとって重要なファクターであるようだ。  調査では、2021年入社の新社会人が苦労すると想定されることについても質問している。それによると7割の人が「人間関係の構築」や「対面でのコミュニケーションができないこと」と回答。異動や転勤など職場環境の変化も多いこれからの季節、新しい人間関係の構築は新社会人に限らず、多くのビジネスマンも頭を悩ますケースが多いが、コロナ禍で「対面でのコミュニケーションができないこと」ことがそれに拍車をかける格好だ。  それを受けての対策として「新入社員が職場で良好な人間関係を築くために重要なこと」を聞くと、「学ぶ姿勢」「積極的に業務にあたる」など、新社会人としては定番の心構えと並んで「髭を剃るなど、きちんとした見た目」を8割近くが依然、重視していると答えた。出社日はもちろん、リモートワークであろうと新入社員はその一挙手一投足を注目される宿命は変わらない。

不安を抱える新社会人のサポートに必要なもの

 リモートワークでも全く気が抜けない新入社員。そんな彼らへのアドバイスとして「ルーティーンワークは、始業の少し早めに取り掛かると良い」や「朝の身だしなみの習慣を効率よくこなせるよう、洗面台のカウンターを整理整頓しておく」など、ビジネスやライフスタイルの効率化に関するものに新社会人と同世代の20代から多くの支持が集まっている。また「誰かの励ましが必要な時は、家族を思い出すものを手にするとよい」という項目に関しては多くの世代が共感。未知の環境への不安を抱える新社会人にとって家族からの贈り物は大きな支えとなっているようだ。  就職祝いといえば、昔からの定番は時計や万年筆など高価な品だが、最近は実用性を重視した選択をする人も増えているという。そんなトレンドで贈答品として人気なのが高級シェーバーだ。中でも120年の歴史を持つシェーバーブランド「ジレット」の加熱式カミソリ「ヒーテッドレーザー」は世界初の温熱シェーバーとして今、注目されている。

4つの内臓センサーで温度を保持する温熱バーが、引っかかりを抑えて痛みを感じに
くくする設計。熱で毛穴が開き肌とヒゲが柔らかくので仕上がりもキレイに。完全防水でスタイリッシュなデザインも人気

 熱レベルは好みに合わせて調整が可能でジレッド史上最高の5枚刃で抜群の剃り心地を実現するなど、トップブランドの最高峰としての性能を誇る「ヒーテッドレーザー」。スイッチを入れてから起動までわずか1秒、1回60分の充電で最大6回まで連続使用できる使いやすさも、ライフスタイルの効率化を重要視する20代の若手ビジネスマンのニーズに応えている。また温熱シェービングによってバーバーでサービスされているような心地よさを感じるのも魅力にひとつだ。  自分の子供だけでなく、親戚や近しい知人への就職祝いに何を贈るべきかを悩むケースは多い。コロナ禍の逆風に船出する新社会人をサポートするアイテムとして「ヒーテッドレーザー」も選択肢の一つに加えてみてはいかがだろうか。 <取材・文/日刊SPA!編集部> ◆ジレッド「ヒーテッドレーザー」ブランドサイト 提供/P&Gジャパン合同会社
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事