ライフ

太っていても清潔感はキープ…オシャレなデブに学ぶ「夏の着こなし」

デブにはデブにしかわからない悩みがある

夏のデブ そんな「デブの夏」に向けて朗報です。  私の運営する「Mr.Babe」は以前からさまざまなファッションブランドと「デブのためのオシャレアイテム開発」をテーマにコラボレーションをしているのですが、なかでも「Avail」さんとのコラボ商品は今までに例を見ない大反響で、多くのデブたちを笑顔にしてきました。  そのAvailが今年の夏アイテムとして発売した「開襟シャツ」「Tシャツ」「ハーフパンツ」は、まさに「デブのことしか考えていないのでは?」と感じるほど完成度が高い仕上がりになっているのです。 「自分たちが作ったから宣伝してるんでしょ」と考える方もいらっしゃると思います。どうぞなんと思っていただいても結構です。  しかし、私たちデブ体型しかわからない細かい部分をAvailの制作チームの協力により、限りなく理想に近づけたことは確かなので一度お試しいただきたいと私は思っております。

デブが抱える問題点をたちまち解決

夏のデブ 今回のアイテムの中で一番、注視すべきはサイズ感。  これはトップス全般にいえることですが、着丈に合わせてアイテムをチョイスすると、ほとんどのものが身幅(胴回り)やアームホール(腕の付け根周り)が窮屈で、ストレスを感じてしまう。しかし、そのシンプルな問題を解決することで驚くほど着心地に違いが出るのです。 夏のデブ Availはそうしたデブの本音に耳を傾け、着丈を変えずに胸周りとアームフォール部分を6cm広げてくれたので、着用した瞬間に着心地のよさを感じられます。 「それだけのこと」と思われるかもしれませんが、これはデブ諸氏にとって素晴らしい進化なのです。
次のページ
「開襟シャツ×ハーフパンツ」コーディネート例
1
2
3
4
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白