お金

与沢翼がコロナ禍の難しい相場でも資産を爆増させ続けるワケ

純資産80億円超、世界中に39もの高級不動産を所有という圧倒的資産をたった一人で、しかもわずか数年で築き上げた与沢翼。彼はこれからの株式・仮想通貨相場をどのように見通しているのか? 勝者として生き残る術を聞いた。

人生を変える利益を得るには「ファンダ×きっかけ」で徹底分析

与沢翼

与沢翼氏

 日経平均3万円を下回って推移する横這いが続く難しい相場の中でも与沢翼氏は資産を爆増させていた。 「昨年10月に日本株で損切りが続いたので、11月からは冷静に銘柄を厳選していくと決めた。11月24日頃、コインチェックを傘下に持つマネックスグループを370円前後で20万7000株(約7700万円)を買い、徐々に利益確定しながら800円台までホールド、6000万円以上の利益を得ました。  ネムの流出問題を起こしたとき、コインチェックは460億円もの金額を補償しました。それだけの額を現金で返すことができたコインチェックの異次元の収益力を思い出し足元の業績を調べたところ、直前四半期の7~9月期(2Q)のセグメント利益が1Qに対して7倍になっていた。  仮想通貨が投機的に乱高下するほどコインチェックは儲かるビジネスモデルなので、これはとんでもない決算を出すと予想したのです」

昔見たニュースや情報を頭の片隅に入れておく

 グループ全体で見ると’19年10~12月期の8億円から、10億円、19億円、21億円と四半期ごとに伸びていた経常利益は、48億円(今年1月発表)、123億円(4月発表)と倍々ゲームで激増している。直近2四半期の驚異的な伸びはコインチェックの販売所モデルの寄与によるもの。  与沢氏は、この想像を超える収益力と業績推移を見抜いて投資していたというわけだ。 「業績への寄与度、貢献度が大きい“ドライバー”を一つ特定する必要があります。マネックスグループのドライバーはもはやコインチェックにシフトしているので、マネックス≒コインチェックで見ていくほうがいい。  ビジネスキーファクターを自分の中で読み解くことができれば、その業績予想に張るんです。実際に株価がどれくらい上がるかはわかりませんでしたが、少なくとも業績がいいということがわかっているだけでも、力強く踏み込んでグリップできますよね。  昔見たニュースや情報を頭の片隅に入れておくことで、将来役立つことがたくさんある。投資とは、そういうことの繰り返しではないかと思います」
次のページ
ネガティブながらも大局観を見失わない
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事