お金

1年で25万円が1600万円に増えたFXの神業。丑三つ時に仕込む「仲値フラッシュ」とは

―[億超えFX神5人衆]―
FX

カリスマトレーダーが秘伝の技を伝授

 700万円の大台に到達した後、1か月ほどで一時300万円台前半へ。そんなジェットコースター相場で’21年前半戦はビットコインに注目が集まったが、実はFX界も今年は波乱の幕開けだった。  FRB(米連邦準備制度理事会)が’23年までの金融緩和継続を表明してきたことを受けて、年始にはほとんどのアナリストが「ドル/円は100円割れを試す円高相場に」と予想していたからだ。  ご存じのように、ふたを開けてみれば円高局面は見られず、直近も110円前後の円安相場だ。予想外の相場にFXトレーダーたちは翻弄されてきたのだ。  だが、そんな波乱の相場でも着実に稼ぎ続けているトレーダーがいる。ゴトー日・金曜日の仲値決め(午前9時55分)を狙い撃ちする技巧派でFXトレード世界大会2位、Kaibe氏のテクを丸裸に!

丑三つ時に仕込んだ買いポジが10時に炸裂する「仲値フラッシュ」

億超えFX神5人衆

所有ビルの一室で行う仮想通貨マイニングでは機材に3000万円を投資し月150万円程度の安定収入を獲得という

【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます 「散歩をしているとき、ひらめいたんです。アノマリーと優秀な自動売買システム(EA)を組み合わせたら最強じゃない?と。システムトレーダーにはデータから売買手法を導き出す人もいますが、私は『ひらめき型』なんです」  そう言って笑うのは世界的なトレード大会「ロビンスカップ」で準優勝した実績を持つ専業投資家のKaibe氏。仮想通貨のマイニングや「イールドファーミング」と呼ばれる超高利回りの仮想通貨運用も実践する、日本を代表する理系トレーダーのひとりだ。 「ロビンスカップでは自作のEA『Flashes』でドル/円とユーロ/ドルの2通貨ペアの売買をさせたら、いい結果が残せました。でも、たまたまではないんです。Flashesはその年、130%のパフォーマンスを上げ、資金を2倍以上に増やすことに成功したんですから。すでに開発から4年近くたちましたが、今でも主力のEAとして活躍しています」
次のページ
花開くまでに10年
1
2
3
4
5
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事