ライフ

銀座OLが財布に持ち歩くサウナの「資格証」、割引以上の意外なメリットとは?

 もはや一過性のブームではなくなってきたサウナ人気。ひと昔前は仕事での疲れを癒す“オトコの娯楽”というイメージも強かったが、最近では多くの著名人がサウナ好きを公言。さらには女性向けのオシャレなサウナ施設も増えており、「サウナ女子」も増加中だ。
みさと

資格証を手にする銀座OLでサウナ女子のみさとさん(27歳)

 27歳の銀座OL・みさとさん(Twitter:@misato_sauna)もサウナ女子を自認するひとりである。いわゆる“キラキラOL”までサウナに飛び込む時代になったが、ある「資格」を取得したことで、サウナ界隈で意外なメリットを得られたというのだ。

銀座OLが財布に持ち歩くサウナの「資格証」

 みさとさんは、3年前から彼氏の影響でどっぷりサウナにハマっているという。 「当時付き合っていた40歳のサウナー(サウナ好き)の彼氏にガッツリとサウナの入り方を教わったんです。その後、自分でもほかのサウナに行くようになってから、サウナで“ととのう”ことの気持ちよさに目覚めちゃったんですよね」  いまでは東京・荻窪にある天然温泉「なごみの湯」の公式アンバサダーにも任命されるなど、サウナ女子としての発信力を高めつつある。

サウナ女子が驚く予想外のメリット

 そんな彼女が財布に常に携帯しているのが、「サウナ・スパ 健康アドバイザー」の資格証である。  資格を発行する公益社団法人「日本サウナ・スパ協会」の公式サイトによれば、「サウナ・スパ 健康アドバイザー」とは、温浴施設の従業員や利用者が、サウナやスパに関する正しい知識を身につけ、お客さまへのサービス向上や、自身の健康増進に活用されることを目指して協会が作った認定資格とのこと。  基本的にはサウナを楽しみたい人が趣味的に取得するケースが多いらしいこの資格。難易度はとても低く、テキストと問題用紙が一緒に届き、答えを見ながら問題を解くことも可能な形式なんだとか(笑)。緊急事態宣言が長引く昨今、この機会に何かを勉強したいという人も多いだろうが、ちょうどいいかもしれない。  みさとさんも基礎知識が知りたくなって気軽に取得したというのだが、予想外のメリットもあったとか。
次のページ
銀座OL兼サウナ女子が実感したメリット
1
2
ベストサウナ

アナタだけの“ベストサウナ”は、本書を読めば見つかるはず

Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事