エンタメ

YouTuberたちのバブリーすぎるお買い物。ルイ・ヴィトンで3000万円超の人も!?

 アメリカの経済紙『フォーブス』が、「世界で最も稼ぐユーチューバーランキング」の2018年版を12月3日に発表した。それによれば、ランキング1位である「ライアン・トイズレビュー」のライアンは、ランキング集計当時7歳だったにもかかわらず、2200万ドルもの推定収入を誇っているという。
 日本円にすれば約25億円も稼いでいるわけで、ユーチューバーのバブルは、収まることなく続いているといっていいだろう。また、日本のYouTuberの人気もとどまることを知らず、どうやら高額な収入を得ている模様。なぜなら、それを裏付けるかのように、人気YouTuberの“バブリー”なお買い物が、ニュースになることも少なくないからだ。  そこで今回は、そんな人気YouTuberたちの、超高額なお買い物をまとめてご紹介する。さっそく見ていこう。

HIKAKIN:ルイ・ヴィトンで3000万円超

 YouTuberの代表格として名前の挙がることが多いHIKAKIN。NHKで放送されている『プロフェッショナル 仕事の流儀』で密着されたこともある、日本トップクラスのYouTuberだ。
 そんな彼がお買い物したのは、ルイ・ヴィトンが、2018年に開催されたFIFAワールドカップとコラボした商品。動画では、サッカーボールを模した柄のバッグやリュック、カードケースなどを300万円ほど購入したことが紹介された。  その後に、歴代のワールドカップで使用されてきたサッカーボールや、ルイ・ヴィトンのボールが収められた、世界限定20個のトランクを購入したことも報告。その値段、まさかの1965万円だった。  さらに、ワールドカップとは関係なく、ルイ・ヴィトンで販売されている兜を収めたトランク770万円も購入したことも伝えたHIKAKIN。その贅沢なお買い物で、子どもたちに夢を与えたといっていいだろう。

ヒカル、ラファエル:メルセデス・ベンツ約1800万円

 こちらも人気のYouTuber、ヒカルとラファエルがコラボした動画の中で購入したのは、メルセデス・ベンツの高級車だ。その額、なんと約1800万円もするという代物。  同じくYouTuberとして人気を集めているシバターへ、この車を買わせようと話を進めていたのだが、結果的には二人が、シバターへの誕生日プレゼントとして、この車を購入することに。  最終的には、銀行から下ろした数多の札束を袋から取り出し、その場で書類にサインする様子まで動画のなかで公開し、まさしく“バブリー”な姿を披露した。

はじめしゃちょー:エルメスの財布176万円

 176万円もするエルメスの財布を購入したのは、はじめしゃちょー。動画クリエイターたちによる動画コンテスト「UUU-1 Battle!」で、1000万円の動画制作費を獲得し、そのお金を使う企画として、超高額な財布を購入したのだ。  ただこのお買い物、動画制作費とはいえない私的利用なのではということで、自腹で購入金額を支払うことになってしまったという。そこで今度はこの財布を、高級ブランド品を取り扱っているお店に売却しに行く模様も動画として公開した。  結局、買取金額が43万円だったということで、売ることをやめ、持ち帰って使うことにしたはじめしゃちょー。176万円もする超高級財布を持っているYouTuberとして、活動を続けていくようだ。
次のページ 
高級肉やキャビアの購入も
1
2





おすすめ記事