エンタメ

YouTuberが続々テレビ進出。 HIKAKIN、水溜りボンド…何人知ってる?

 11月10日、人気スペシャルドラマ『世にも奇妙な物語’18秋の特別編』(フジテレビ系)が放送された。実は今回の『世にも奇妙な物語』、人気YouTuberである「水溜りボンド」が出演するということで、注目が集まっていたのだ。


 なかにはリアルタイムで視聴していて、まさかYouTuberが出るとはと驚いた方もいたかもしれない。しかし、今回の水溜りボンドのようにYouTuberがテレビに出演したり、芸能活動を行うことはもはや珍しいことでもなくなってきているのだ。今回はそんな、YouTubeから芸能界へと進出したYouTuberを紹介していこう。

水溜りボンド:『世にも奇妙な物語』に人気YouTuber役で出演


 まずは今回、『世にも奇妙な物語』に出演した水溜りボンドから紹介しよう。彼らはカンタとトミーの2人からなるYouTuberユニットで、番組内では、坂口健太郎主演の「脱出不可」にカンタが、国仲涼子主演の「あしたのあたし」にトミーが、それぞれ出演を果たした。

 また、2017年にはバラエティ番組『さまぁ~ずの神ギ門』(フジテレビ系)に出演。「人気のYouTuberって町でどれだけ声を掛けられるのか」を検証する番組内容だったのだが、20分で66人から声を掛けられるという人気っぷりを示したのだった。

 ちなみに彼ら、過激な動画がウケやすいYouTube界隈において、子どもでも安心して見られるクリーンな内容の動画ばかり投稿しているため、“YouTube界のNHK”と呼ばれているそうだ。


HIKAKIN:バラエティ出演、俳優、声優…もはや一流タレント


 YouTuberには興味がない方でも、HIKAKINの名前は聞いたことがあるのではないだろうか。おそらく日本で最も有名なYouTuberであろう彼は、今年だけでも『逃走中』(フジテレビ系)や、『しゃべくり007』(日本テレビ系)、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)など、多くの番組に出演している。

 また、2017年の映画『亜人』には本人役で出演。12月21日から公開のディズニーアニメ映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』の日本語吹き替え版に声優として参加したりと、もはやそこらへんのタレント以上に芸能活動を行っているレベルである。


フィッシャーズ:『Mステ』に出演、湘南乃風が楽曲提供も


 7人組のYouTuber集団である「フィッシャーズ」。彼らはYouTuberとしての活動と並行して2016年頃から音楽活動も行っており、今年の4月27日には人気音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演。代表曲である『虹』を披露した。決して歌が上手いわけではないが、とにかく楽しそうにパフォーマンスしているところに好感が集まっていたようだ。

 また、今年8月には1stアルバム『僕らの色 みんなの色』も発売しているのだが、なんとレゲエユニット「湘南乃風」のメンバーであるSHOCK EYEが楽曲を提供している。なんでも、SHOCK EYEの子供がフィッシャーズの大ファンということで、彼のほうから話を持ち掛けたのだとか。


次のページ 
テレビに出まくりの6人組のYouTuber集団

1
2





おすすめ記事