エンタメ

ニルヴァーナの赤ちゃんジャケットだけじゃない。次にコンプライアンスで消えるCD

 ロックバンドNIRVANAのアルバム「Nevermind」。裸の赤ん坊が印象的なジャケットだが、これが性的搾取にあたるとして提訴された。音楽業界には、他にも近しい危うさを抱えるアルバムがあるのではないか。もしそうしたアルバムが裁判の末に発売禁止になるとしたら、名盤が闇に葬られるかもしれない。  今回は、ニューウェーブユニット「ロマンポルシェ。」やDJとしても活躍する掟ポルシェ氏に、そうした「危機的な名盤」を紹介いただき、音楽評論家のハシノ氏に解説を語ってもらった。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

NIRVANAのアルバムが訴えられた

nirvana

NIRVANAの名盤『Nevermind』

 まずは、NIRVANAのアルバム「Nevermind」について教えてください。 ハシノ 1991年リリースの2ndアルバムです。ハードロック・ヘヴィメタルが中心だったアメリカのロックシーンをグランジ一色に塗り替えたほどのインパクトでした。全世界で4000万枚以上売れたらしいですね。  みんながあのアルバムによって金銭的な恩恵を受けているのに、「なんで俺だけチ●チ●まで見せたのに一銭ももらえないんだ」って話ですよね。  確かに、気持ちはわからなくはないですが……。  でも提訴した彼自身、何度もあれと同じ構図で写真を撮ったりして、胸元に「Nevermind」ってタトゥーまで入れてるんですよ(笑)。いままでメチャメチャ乗っかって来たじゃねえかっていう。ただ、例えば野球場に行くと「スタジアム全員が俺のおチ●チ●を知ってる」と思うのが嫌だったと話をしていますね。

世間が許さなかったスコーピオンズの「ヴァージンキラー」

 他にも似たような境遇になったアルバムはありますか?
scorpions

諸般の事情でメンバーの集合写真になったスコーピオンズの「ヴァージンキラー」

 スコーピオンズの「ヴァージンキラー」。少女のヌードが出ているジャケットで、タイトルを暗喩するようなデザインでした。 ハシノ 西ドイツが誇るハードロックバンドですね。日本でも、昭和のロックファンの心は鷲掴みにされました。「恐怖の蠍団」などの原題を無視したおどろおどろしい邦題でも有名です。  発売当初から物議を醸し、アメリカでは早々にメンバーの写真に差し変わりました。ニルヴァーナの件と違うのは、当事者ではなくて、世間が許さなかったというところですよね。ボーカルのクラウス・マイネがジャケットのモデルの少女が成人した後に会った時、「私にとってはいい思い出」だと言っていたと聞きます。  日本のクリエイションというバンドのアルバムにも、子供の性器が写っています。 ハシノ 内田裕也プロデュースの1stアルバムですね。往年のプロレスファンにはザ・ファンクスの入場テーマ曲としても有名です。  発売当時はテレビでも裸の子供が出てくるシーンはよくありましたし、このジャケットも一度も問題視されたことはないと思います。ニルヴァーナの場合は「売れた」というのが大きいんですよ。  爆発的に売れて、何度も再発されているにもかかわらず「あの赤ちゃん」にだけはお金が入らない。彼が裁判の末に求めているのが、ジャケット写真の使用差し止めなのか、金銭的な和解なのかはわかりませんが、これによって意外なものまで将来的に「ダメ」になってくる可能性が出てきたのは事実です。
次のページ
コンプライアンス的にダメなジャケット
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事