お金

コメダ珈琲が一人勝ちを続けるワケ。トースト無料のモーニングだけじゃなかった

コメダがアフターコロナでも「一人勝ちを続ける」ワケ

 コロナ禍のカフェ業界でコメダ珈琲は「一人勝ち」しましたが、アフターコロナでもコメダの強さが確実になりそうです。コメダはもともと、賃料負担を軽くするために駅から少し離れた場所の郊外や、利便性がそこまで良くない立地への出店が主です。それが、リモートワークの普及やコロナの感染拡大によって、コメダが追い風となりました。得意とする住宅エリアでは、客足が比較的堅調です。  デニッシュパンにソフトクリームを乗せた定番の人気デザート「シロノワール」だけでなく、ピスタチオや大豆ミートなどの話題性のある食材を投入し、人気を博しています。  牛カルビ肉のハンバーガー期間限定メニューである「コメ牛」を復活させたキャンペーンは大好評でした。顧客ニーズに応える商品開発力も強みですが、実はそれだけではありません。  今回は、コメダの“意外”な強みをご紹介いたします。

「郊外」だけでなく「都心」でも?

公式ホームページより

 コメダ実は、最近では都心への店舗展開を進めています。「コメダは郊外が強みのハズ。都心?」と思ったあなた。そうなんです。コメダは都心のビジネスパーソンにも支持を受けていたのです。  賃金も上がらない、経済も不安…“フトコロ事情”が厳しいビジネスパーソンにとってコメダのモーニングはありがたいサービスです。コメダは、もともと、好きなドリンクを注文するとトーストが付いてくるモーニングメニューが人気です。  開店から午前11時までの間に好きなドリンクを1品注文すると、トーストをタダで追加注文可能です。モーニングの需要をしっかりと取り込むことができるコメダは午前に利用する人が多く、営業時間の短縮の影響も受けにくいです。  そして、店内。コメダの店舗は、もともとコロナ以前から席がゆったりしていて、居心地の良さで有名です。新聞、雑誌なども用意されているので過ごしやすい空間です。これが、最初からソーシャルディスタンスが取られている店舗様式だったので、席を間引かなくても来店客の間に十分な距離が保つことができました。
次のページ
ビジネスマンの需要も取り込んだ
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白