恋愛・結婚

自分を安売りする[こじらせ女子]のセックス観

 旬のファッションに身を包み、男の話にかわいくテキトーに相槌を打って、カフェで恋愛トーク&モテ偏差値を競う――そんな“ゆるフワ”的な女子像にどうしても近づけない“こじらせ女子”という生態。普遍的な女の幸せを自ら遠ざけるかのような彼女たちの奇行、気持ち悪い自意識の源泉を、恐る恐る覗いてみることにした!

【サセ子型】
セックスしか価値のない女……極度の劣等感が幸せを遠ざける

●堀口純子さん(仮名・29歳) 派遣会社

サセ子型「自分に何ひとつ自信が持てないんです。学歴もないし、仕事も中途半端。だから男の人に優しくされると、“こんな私でも、女として見てくれるんだ”って、ついつい舞い上がっちゃうんだと思う」

 そう語るのはヤリマンとして名高い堀口さん。清涼感のあるルックスは、確かに男性ウケもよさそうだ。しかしセックスすることはあっても、なかなか恋愛関係にまで発展しないのだという。

「女子的な駆け引きができないから、うまく男心を転がせないんですよ。気がついたら、不倫とかヤリ捨てとか“都合のいい女”になっている。私ごときに食事代やホテル代を出させるなんて、申し訳ないっていう気持ちがある」

 寂しがりやの堀口さんは、男性依存の面も強い。「誰かと繫がっていたい」と常に感じて生きている。だが股を開けば開くほど、女としての幸福から遠ざかっていく。

「好きな人に自分の気持ちをうまく伝えられないんです。思わせぶりなことなんて言えるわけないから、大技狙いで玉砕してしまう。周りの女のコには“もっと自分を大事にしなよ”って言われることもあるけど、そんなのできれば苦労しませんよ。自分はセックスくらいしか価値がない人間だから」

 劣等感にさいなまれた堀口さんは、スタイルを維持しようと過食と嘔吐を繰り返し、メンヘル一歩手前とも思える状態に……。

「みんな死んでくれってたまに思う。本当に不幸なのは私だけだから、私を幸せにできないこんな世界なんてなくなればいい!」

 こじらせ版サセ子の業はあまりにも深い。

【サセ子型】
サセ子型グラフ劣等感をこじらせすぎて、求められるとすぐに体を許す。本当の意味での女子力は皆無。ルックスは悪くないが、メンヘル的な傾向が強く、付き合うと非常に面倒くさい。できることなら関わらないほうが無難

イラスト/ただりえこ
― [こじらせ女子]の奇妙すぎる生態【5】 ―




おすすめ記事