ヤクザの【密漁】に地元の漁師は戦々恐々

大学生の新卒内定率がどん底といわれる昨今。しかし、アングラ業界は今も、高収入で人材不足が続いている。どうやったら就職できるのか? いくら稼げるのか? そんなギリギリな仕事の秘密に迫る。思わぬ天職が舞い込むか、それとも捕まって塀の中か…… 究極の就職案内がここにある!

これぞ高収入の真骨頂!? 違法業種の舞台裏
【密漁】

平均日給   3万~5万円
危険度    ★★★
就職難易度 ★★

100427_CL2_07.jpg
「最近の密漁は暴力団がからんどるから、おっかなくて……」

 と、語るのは三重県で漁師を営む森源蔵氏(仮名・62歳)だ。森氏によれば、5年ほど前からたちの悪い密漁者が増えているという。

「昔は、バーベキューやるからっていう家族連れとかだったから、少しは目をつぶってたけど、今は夜中に集団で来てやりよる。注意しようもんなら、刃物やらで殴りかかってきたのもおった」

 しのぎが減った暴力団が、高級なアワビやサザエに目をつけたというのだ。

「夜中に素人が海に潜るから潮にさらわれて、大騒ぎになったことも一度や二度じゃない。絶対にやめてほしい」

 日本海側では冗談で「大学生の夏のバイト」とも呼ばれた密漁だが、近年では、警察も力を入れて摘発に乗り出しており、冗談では済まされなくなっている。

イラスト/石井匡人

― 高収入[アングラ稼業]就職案内【9】 ―




おすすめ記事