雑学

各地で起こるスーパークールビズ“珍騒動”

6月1日より政府省庁や多くの企業で導入されているスーパークールビズ。とはいえ、先方に行ったら自分だけポロシャツなんて日には、とても居心地が悪いです。はい。

そんなスーパークールビズが早速、各地で珍騒動を巻き起こしている。例えば、クライアントとの間でトラブルが起こり、謝罪に行った木下繁さん(24歳・営業)は、「激怒していた担当者が麻シャツを着ていて、裸がすべて丸透け状態。汗で濡れる胸毛に苦笑」してしまい、燃え盛る怒りに油を注ぎ、契約を落としてしまったという。また、倉田友美さん(32歳・秘書)は、「社長室にお客さんを通そうとドアを開けたらステテコと靴下だけで仕事をしていた」ので、「とっさに『社長は留守みたいで……』」と機転を利かせた」と誇らしげだが、暑いなか訪問した「お客さん」はいい迷惑だ。

こと男性はファッションに疎く、いろいろ失敗をしがちだ。では女性は?と思い、珍エピソードを探るべく調査を開始したのだが……なんと、環境省は女性向けのガイドラインを作成していなかった! つまりこれは、ミニスカだろうが、キャミソールだろうが、水着だろうが、OKということではないか。そこで、SPA!7月5日・12日合併号(6/28発売)にて女たちのスーパークールビズを勝手に予想してみた。奇跡も魔法もあるんだよ(!?)

※詳しくは週刊SPA!7/5・12合併号にて(電子雑誌版も発売中)

予想【1】胸元も涼しげなOLが増える!



予想【2】薄着すぎるOLが増える!



文/犬飼孝司(本誌) 撮影/山川修一(本誌) モデル/水沢芽瑠




おすすめ記事