お金

7週連続勝利継続中!ゴールデンルーキー今村聖奈騎手の馬券の狙い方

競馬界に吹き荒れる“今村聖奈”旋風

今村聖奈騎手

今年2月のデビューから既に16勝と大活躍中の今村聖奈騎手
写真/橋本健

 今年デビューのルーキー女性ジョッキー・今村聖奈騎手の勢いが止まりません。先週はモズブーナーで勝利し、通算16勝目。現在継続中の連続週勝利記録はついに7週まで伸びました。  誤解のないように書いておくと、今村聖奈騎手は女性ジョッキーだから注目されているというわけではありません。もちろん女性であることは注目度が高い理由の1つではあると思いますが、そもそも2022年にデビューした10人もの新人騎手の中でも16勝は最多で、次点の角田大河騎手の10勝に対して大きく差を広げています。  とはいえその騎乗スタイルについては、まだデビューしたてということもあり、未知数の面もあります。そこで今回は、今村聖奈騎手を「女性騎手」や「新人騎手」としてではなく、あくまでも「馬券を買う上でどう狙うべきか」を少し掘り下げて考えてみたいと思います。

新人には珍しく、距離が延びるほど成績が上がるタイプ

 早速今村聖奈騎手について調べてみると、まず特筆すべき大きな特徴があります。それは…… 「中長距離に強い」ことです。  これまで16勝を挙げていますが、そのうちなんと12勝が1800m以上の中長距離でのものです。通常、ルーキー騎手や若手騎手は減量特典があるため短距離に強い傾向があります。短距離戦でとにかく積極的な競馬をし、前々で粘り込むというのが若い騎手のある種の特権なわけです。  実際、ルーキー騎手として2番目に多い10勝を挙げている角田大河騎手は、そのうち7勝が1400m以下。3番目に多い5勝を挙げている西塚洸二騎手は、そのうち4勝が1400m以下です。  一方で今村聖奈騎手は16勝のうち1400m以下はわずかに2勝。以下のように並べてみても、かなり特徴的なことがおわかりいただけると思います。 ・ルーキー騎手の距離別成績 今村聖奈騎手:16勝 1800m以上 12勝 1400m以下 2勝 角田大河騎手:10勝 1800m以上 3勝 1400m以下 7勝 西塚洸二騎手:5勝 1800m以上 0勝 1400m以下 4勝
次のページ
ダート中長距離は買い、短距離は疑え!
1
2
勝SPA!
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白