ライフ

うつ病から衝動的に電車に飛び込んで両足を失った19歳「今、伝えたいこと」

 将来は人を助ける看護師になりたい――。その想いを抱いて高校から看護学校に進学したものの、16歳でうつ病を発症したというsakiさん(Twitterアカウント@sakik75069246)。その後、自殺未遂から事故で両足を切断し、車いす生活を余儀なくされた。それから3年、現在19歳になった彼女は、Twitter上で障害やうつ病についての発信を続け、そのツイートが多くの人の支持を集めている。そんな彼女に、現在に至るまでの経緯や発信を続ける意義を聞いた。

今は「誰かのためにできることをしたい」とツイッターなどSNSの発信に力を入れるsakiさん

高校進学後、家庭不和や教師との意見の相違からうつ病を発症

「2022年11月には右足を再切断しました。腰から下は不全麻痺が残っていて、事故から3年が経った今でも入院と手術の繰り返しですね」と語るのは、19歳のsakiさん。16歳までは神奈川県で暮らす普通の女子高生だったが、そんな彼女に異変が生じたのは高校進学がきっかけだった。 「将来は看護師さんになりたいと思って、高校から看護学校に通い始めました。でも、学校の先生と馬が合わず、怒られることが続き、次第に『学校に行くのがつらいな』と思うように……。タイミングの悪いことに、同時期に両親の仲が悪化して、家にいても全然気が休まらなくなりました」  学校と家という両方の居場所を失ってしまったことで、心のバランスは徐々に崩壊。入学からわずか1か月後のゴールデンウィーク明け頃から、毎朝起きることに苦痛を感じるようになった。最初は遅刻しても学校へ通っていたものの、次第に学校は欠席するように。 「その状態が1~2か月ほど続いた6月末、『自分はうつ病かもしれない』と気がついたんです。看護系の学校に通っていたので、事前にうつ病についても多少知識があったんですね。病院に行ったらやはりうつ病と診断され、治療を進めました。家でゆっくりしたのがよかったのか、夏休み明けには学校に再び通えるようになっていきました」

小学生のときはジャズバンドでトロンボーンを吹いていたsakiさん。コンクールで賞を獲得したこともある。中学からはクラリネットに変更し、今でもたまにクラリネットを吹いているという

もう死にたい――衝動的に電車に飛び込んだ

 しかし、久しぶりの通学でストレスが高まっていったのか、症状は再び悪化し、「死にたい」という想いが日常的に頭をよぎるように。そんな中、11月のある日、教師と進学の話をする中で「死にたい」との気持ちが頂点に達してしまう。 「親から学校へは『うつ病になった』という連絡は伝わっていたのですが、担当の先生から『病気だからといっても、授業をちゃんと受けないと留年するよ!』と強い口調で指導を受けたんです。先生は私を留年させたくない一心だったと思うのですが、責められているような気持ちになってしまって。看護学校の先生だから、うつ病にも理解があるはずだと期待していたのも良くなかったんでしょうね」  教師と話をしているうちに、「留年」というキーワードが強く心に突き刺さり、どんどん気持ちが沈んでいった。 「自分では留年してもいいと思ってたのですが、先生と話をした後に『留年しちゃダメなんだ。なんとか3年で卒業しなきゃいけないんだ。でも、毎日出席できる自信もない……』と絶望的な気持ちになってしまって。その日の夕方、『もう死にたい』という想いが高まり過ぎて、衝動的に駅のホームから電車に飛び込んでいました」
次のページ
家族に会って「生きていてよかった」と思えた日
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ