恋愛・結婚

帰宅→キッチンで即挿入!のサプライズSEXで脱マンネリ

「まだまだ楽しい!」という夫婦がいれば、「とっくにセックスレス」というカップルも。人によってはすでに「不倫」を経験していたり……。熟年夫婦のデータはよく目にするが、30代のSEXライフは意外と調査されていない。そこで本誌では既婚者300人を対象に、性生活の中身に迫るアンケートを実施。さらに、夫婦のSEXのさまざまなパターンへの詳細な聞き取り調査を通して、今どきの30代夫婦の「SEXの実像」をリポートする

【CASE1】 帰宅→キッチンで即挿入!のサプライズSEX

100525_CL1_07.jpg
 週1回のペースでSEXをしている尾崎貴史さん(仮名・34歳)は、入籍してわずか2か月の新婚ホヤホヤ。ただし付き合ってからは3年がたっているため、「ただヤるだけで超気持ちいい、という時期は過ぎました。でも新婚早々、渋々SEXするのは自分でも不本意だし、妻にも悪い。だから存分に工夫して楽しんでます」と語る。

 尾崎さん夫婦のSEXは土日が基本だが、たまに平日にすることによって変化をつける。しかも、ただ単にSEXするのではなく、なんと「ローションを持ち歩いていて、玄関で自分で塗ります。それで『ただいま~』の挨拶から間髪入れずに挿入」といったサプライズを演出。道具は使用せず、状況に変化をつけて攻める手法だ。

 SEXの最中にも、尾崎さん独自のアイデアが炸裂。「自分が”空気イス“をして、その上に妻が乗ることもありますし、ピストン運動をしながら妻にアルファベットをAから順に喋ってもらい、“E!”とか”O!”と言うタイミングで強くピストンしてヨガらせることもありますね。発音が悪かったら最初からやり直させますよ(笑)」と、AVでもなかなかお目にかかれないような工夫を凝らしている。

 一見すると何でもアリの性生活に見えるが、夫婦の間には暗黙のルールもあるそう。「ウチの場合は、風呂に一緒に入らないことです。イチャつくだけなら構わないけど、体を洗ったりもしますよね。それは生活上の”作業”。裸で同じ作業をするのは、刺激が減ってしまって良くない気がするんです」

 夫婦の現状について「新婚である以上、週イチくらいしないといけない、っていう義務感も多少あります。その反動で、いつの日かSEXレスになるかもしれないと思うと、少し怖いですね。でも今は楽しさが勝ってます」と語る。”夜のファンタジスタ”の奮闘は続く。

― 30代既婚者[リアルSEX]白書【5】 ―




おすすめ記事