ニュース

「何かがあるたびに母親がお尻を叩く棒を」40代元DV加害者が明かす、壮絶な生い立ちと暴力の連鎖

夫婦関係も少しずつ良くなっている

――生活の中では、どんな変化がありましたか? 中島:長男が懐いてくれたのが、大きな変化です。正直、私は長男に厳しく当たっていたという自覚があるんです。そんな長男が「お父さん、優しくなったね」と声をかけてくれました。父親が自分自身と向き合って変わっていく姿を見せられているのも、「今後もやっていけそうだ」という気力に繋がっています。 ――奥さんとの関係はどうでしょう? 中島:最近、妻が忙しくて、なんでもかんでも「よろしくね」と頼まれることが増えて、少ししんどい、という話を理事長にしたんですね。その時に「それは頼ってくれている証拠。奥さんとはもう、DV関係じゃないですよ」と言われて。ハッとしました。確かに今までは、僕に怒られるのが怖くて何も言えなかったはずの妻が、今は「あれお願い」と、頼むことができているわけですよね。  そんな理事長の何気ない一言でまた前向きになれるわけで。それが本で学ぶこととの大きな違いですよね。だから僕も妻には「仕事が大変なら家のことやるよ。どうしても辛かったら言うけど」って伝えてみることができたり。そうやって夫婦関係も少しずつ良くなってきていると思います。

「加害者は被害者でもある」の自覚

ステップ

yuzukaさんと栗原理事長

――それでは、現在は元加害者になりつつある中島さん、現在もしこれを読んでいる加害者がいるとしたら、何かメッセージはありますか? 中島:暴力は許されるものではないです。ただ、DVをしてしまった自分の過去を遡って考えた時、実は自分自身もDVを受けてきてはいないか?って部分を、一度振り返ってみてほしいです。ちなみにここでいうDVは、直接的な暴力だけではなくて、怒鳴りつけるとか、罰を与える、目の前でそういう行為を目の当たりにする、みたいなことも含まれます。そうするとおそらく、自分自身も何かしらのDVを受けて生きてきたという人が多いのではないでしょうか。  加害をしてしまったことを償うことも必要です。しかしそれと同時に「加害者は被害者でもある」というのを自覚して自分自身をケアをしなければ、結局同じことの繰り返しになってしまうと思います。そうなると、いくら目先の「どう加害をしないか」というテクニックを試しても、結局は根付いたDV意識が解消されずに繰り返してしまい、被害者側を延々とケアし続けなければならないことになる。だからまずは加害者側が自分の受けた傷を自覚し、自らケアをする必要があるんじゃないでしょうか。  そうやってひとりひとりが暴力の連鎖を止めて行った先で、未来のDVや暴力も減っていくんじゃないかなって、僕はそう信じています。 ==============  DV行為自体は、決して許されることのない、被害者の尊厳を踏み躙る行為だ。しかしだからと言って、ただ「加害者が悪い」と責め立て、世界の隅に追いやって見えないように蓋をすることでは、なんの問題解決にも繋がらない。  全ての出来事には複雑な事情が絡まり合っている。暴力の連鎖が続く限り被害者は増え続け、そしてその被害者も、またいつか誰かを傷つける加害者となってしまう時が来る。連鎖を断つために立ち上がり、自分自身の弱さに気付いた時、人はやっと、変わることができるのかもしれない。誰もが変わることができると、私は信じたいと思った。 <TEXT/yuzuka>
エッセイスト。精神科・美容外科の元看護師でもある。著書に『埋まらないよ、そんな男じゃ。モノクロな世界は「誰かのための人生」を終わらせることで動きだす。』『君なら、越えられる。涙が止まらない、こんなどうしようもない夜も』など。Twitter:@yuzuka_tecpizza
1
2
3
4
5
6
おすすめ記事
ハッシュタグ