ライフ

アメリカでのパパ活、日本女性が経験した恐怖の一夜。「心の底から“おぞましい”と感じた」

誰もが一度は憧れる海外生活。しかし、日本と比べて物価が高い国での暮らしは想像以上にハードルが高く、ちょっとした贅沢をするのにも一苦労だ。そんな中、海外での充実した日々を手に入れるため、現地で「パパ(シュガーダディ)」を見つける女性もいるらしい。 学生時代にアメリカでの「海外パパ活」を経験したという吉田真帆さん(仮名・28歳)にインタビューを実施。始めたきっかけについて語ってもらった前回に引き続き、驚きの「海外パパ活事情」に迫る。
パスポート 女性

画像はイメージです

通常使わない部分に許可なく…

前編ではアメリカで出会った「良パパ」について取り上げたが、一方で最低最悪の「クソパパ」にもたくさん遭遇してきたという吉田さん。 「かなり強引なシュガーダディがいたのですが、彼は本当に最悪でした。普通の行為だけでは飽き足らず、初対面から通常は使わない部分に力づくで無理やり……。すごく苦痛だったのですが、相場より高い500ドルをくれたし、揉め事を起こすのも怖いし……、と思って受け入れました。でも、本当の地獄はここから。私のことを気に入ったからと二回目も呼んでくれたのですが、プレイが終わりお金をもらって帰ろうとしたら、彼から『君も僕を気に入ったからまた会いに来てくれたんでしょ?』と言われ、お金を払うことを拒否されたんです。だから私はボロボロ泣いて『I need money!』と彼にすがりつきました。必死の演技でしたね。さすがの彼も困惑したようで『家にあまり現金を置いてないから……』と言いながらもかき集めた230ドルを渡してきました

「70歳の老人男性」に驚愕した出来事

金銭トラブルが生じたパパは、他にも。 「月2000ドルで定期契約を持ち掛けてきた男性がいたのですが、『月末にまとめて払う』と言われ、それを了承したために初回は一銭もくれなかったんです。しかしだんだんと不安になり、二回目に会ったとき『今日の分は今日ちょうだい』と言って250ドルをもらいました。そして三回目は200ドル。それ以降は会えなくなってしまいました。初回分を取り損ねたのは悔しいですが、これは彼の言葉を鵜呑みにしてしまった私もバカでしたね」 そして、吉田さんを恐怖のどん底に突き落としたのが、70歳の老人男性だった。 「彼はオーバーナイト(宿泊)を希望しており、プレイ後すぐに帰りたい私としてはちょっと面倒だったのですが、480ドルという条件の良さに加え『爺さんだからラクだろう』と甘く見てOKを出してしまいました。すると、一晩で10回以上も……。クタクタで最後のほうは寝たふりをしていたのですが、彼はお構いなしにはじめようとしてきたので驚愕しました。心の底から“おぞましい”と感じました」
次のページ
稼いだお金の使い道は…
1
2
3
おすすめ記事
ハッシュタグ