エンタメ

水樹奈々フルオーケストラライブ@SSA【フォトレポート】――最大のサプライズはWアンコールに

水樹奈々 水樹奈々が自身二度目となるフルオーケストラライブをさいたまスーパーアリーナで開催、1月19、20日の二日間でのべ54000人を魅了した。

 オーケストラは神奈川フィルハーモニー管弦楽団が担当。ライブ中盤以降は100人超のオーケストラに加え、コーラス隊77人、さらにはバンドメンバー7人も参加し、水樹を含め188人による圧巻のライブパフォーマンスを披露。いつものライブとはひと味違う音に重なりに、会場につめかけたファンたちは酔いしれた。

 ライブ翌日の1月21日に誕生を迎える水樹のためのバースデーケーキや、7月7日、彼女の故郷・愛媛からスタートする夏のライブツアーの開催決定など、観客を喜ばせる演出や発表が相次いだが、最大のサプライズはWアンコールに待っていた。

 アンコール後、観客席からの「もう一回!」の声に応えるように、ひとり、舞台に戻ってきた水樹のもとに運ばれたのは撥弦楽器のアルパ。このアルパという楽器、一般的にはあまり知名度は高くないが、水樹ファンにとってはよく知れられた存在。代表曲「深愛」をはじめ、彼女の楽曲にはたびたび登場し、ライブでの生演奏も過去にたびたび行われてきた。

 ライブやミュージッククリップなどでの演奏は、水樹が「親友」と語るほど親しい存在のアルパ奏者・上松美香がこれまで担当。アルパがステージに姿を現したことで、今回も上松の登場を確信したファンに向かって、水樹は「今日、上松美香ちゃんは名古屋でライブを行っています」と告げる。一呼吸ののち、「うまく弾けるかわからないけど……」と自身が演奏を行うことを声にすると、想像を超える事態に期せずして生まれた一瞬の静寂のあと、大きな歓声があがった。

 楽曲は水樹自身が作曲作詞を行った「夢の続き」。途中、演奏につまる場面もあったが、観客席からの大きな声援に背中を押されるように再開し、無事に奏できった。

⇒【画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=375852

<取材・文/日刊SPA!編集部 撮影/上飯坂一>




おすすめ記事